住吉連合会と寄居一家の抗争事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

住吉連合会と寄居一家の抗争事件(すみよしれんごうかいとよりいいっかのこうそうじけん)とは、平成元年(1989年)9月30日から同年10月6日までに起こった住吉連合会寄居一家寄居真会との暴力団抗争事件

発生まで[編集]

1989年、福島県郡山市に本拠を持つ寄居一家寄居真会は、的屋から博徒への路線変更を決定した。寄居真会は、住吉連合会への加盟を希望した。同年5月、住吉連合会本部長・小林楠扶(住吉連合会小林会会長)は、寄居真会会長に舎弟盃を与えた。その後、寄居真会は、稲川会に接近。小林楠扶は「寄居真会が稲川会に入る」との情報を入手した。

事件[編集]

1989年9月30日午前11時すぎ、東京都千代田区飯田橋(警察病院の近接地)のホテルグランドパレスのロビーで、住吉連合会小林会組員が、寄居一家寄居真会東北寄居連合会会長を銃撃し、両足大腿部貫通の重傷を負わせた。

同日午前11時15分ごろ、小林会組員が、福島県郡山市の寄居真会の本部事務所に入り、寄居真会組員の右足に重傷を負わせた。その後、小林会組員は、約1時間、寄居真会の本部事務所を占拠した。

同年10月6日午後6時すぎ、東京都港区六本木にある小林会事務所前で、寄居真会組員が、小林会事務所を警戒中の小林会組員を銃撃し、銃弾が小林会組員の左足に当たった。その後、寄居真会組員は、近くの飲食店に入って、篭城した。警視庁麻布警察署署員らが、寄居真会組員の篭城する飲食店を包囲した。寄居真会組員は、投降した。

同日午後6時すぎごろ、東京都新宿区大久保の小林会系組事務所に、銃弾2発が撃ち込まれた。

同日夜、郡山市の寄居真会系組事務所に、銃弾4発が撃ち込まれた。

同日夜、寄居真会幹部宅に、銃弾2発が撃ち込まれた。

その後、住吉連合会と寄居一家は、和解交渉を行った。「寄居一家は、寄居真会を解散させ、寄居真会会長を絶縁する」という条件で、住吉連合会と寄居一家は、和解した。

参考文献[編集]