住岡英毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

住岡 英毅(すみおか ひでき、1942年1月1日[1]-)は、教育学者、滋賀大学名誉教授、大阪青山大学教授。

広島県出身。1966年広島大学教育学部小学校教員養成課程卒、71年同大学院教育学研究科博士課程退学、広島大学助手、1973年鈴峯女子短期大学講師、1974年滋賀大学教育学部講師、76年助教授、87年教授、2001-04年副学長、2007年定年退任、大阪青山大学教授。1993年「プルードン教育思想の研究」で広島大学教育学博士[2]

著書[編集]

  • 『生涯教育の人間関係』アカデミア出版会 1985
  • 『プルードンの教育思想』アカデミア出版会 1995

共編著[編集]

  • 『視る・集まる・学ぶ テレビ学習から地域づくりへ』片岡徳雄共著 日本放送出版協会 1981
  • 『生涯学習』讃岐幸治共編著 ミネルヴァ書房 教職専門シリーズ 1994
  • 『生涯学習社会』讃岐幸治共編著 ミネルヴァ書房 Minerva教職講座 2001
  • 『地域で創る学びのシステム 淡海生涯カレッジの挑戦』梅田修,神部純一共著 ミネルヴァ書房 2009

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 研究者情報