佐々木クリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 クリス(ささき くりす、1980年12月24日 - )はニューヨーク出身のバスケットボールアナリスト・解説者である。

2017-18よりBリーグ公認アナリストに就任中。(2019年現在)

元プロバスケットボール選手であり、2011年10月からbjリーグ千葉ジェッツと契約し、翌2012年から東京サンレーヴスに所属した。

また、元ヒップホップミュージシャンでありDJ MASTERKEYが運営するレーベル「THE LIFE ENTERTAINMENT.」より2003年avex traxでデビューした。

略歴・人物[編集]

経歴[編集]

佐々木 クリス
Chris Lennon Sasaki
引退
ポジション(現役時) G
背番号(現役時) 15
身長(現役時) 178cm (5 ft 10 in)
体重(現役時) 75kg (165 lb)
血液型 O[1]
基本情報
本名 佐々木・レノン・クリス
ラテン文字 Chris Lennon Sasaki
誕生日 (1980-12-24) 1980年12月24日(38歳)
日本の旗 日本
出身地 東京都
出身 青山学院大学
ドラフト  
選手経歴
2011-2012
2012-2013
千葉ジェッツ
東京サンレーヴス

父は日本人、母はアメリカ人。NYで生まれ、4歳半より東京で育つ。家では英語で会話するという家庭内のルールにより、バイリンガルであり、英語、日本語を話す。

幼少の頃は、甲子園を目指す野球少年であったが、桜美林高校時代にバスケットに転向。青山学院大学在学中には、新人戦、インカレ、関東トーナメント優勝、全日本学生選手権優勝の経歴を持ち、日本初のプロ・ストリート・バスケットチーム「FAR EAST BALLERS」の基盤を作った。ファッションモデルとしても活動していた。

プロバスケットボール選手として[編集]

バスケットボール競技者としては「FAR EAST BALLERS」、「LEGEND」を経て一時芸能活動に専念するため競技から離れたが、その後ストリートボールの「HOOPERS」にて競技復帰[2]。2011年にbjリーグ合同トライアウトに参加し、千葉ジェッツにドラフト外で入団した[3][4]。入団後も芸能活動は継続し、選手と芸能活動の両立をしており、また後述する『ハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜』(千葉テレビ放送)などでチーム紹介企画を行うなどチームの広告塔の役割をしていた。

千葉ジェッツで過ごした2011年-2012年シーズンは出場機会に恵まれずシーズン52試合中11試合に出場、出場時間17分に留まり[5]、このシーズン限りで退団[6]。2012年シーズンからは東京サンレーヴスと選手契約を結んだ。[7]。この年、チームとしては18勝32敗の8位に終わったものの[8]、クリス個人は全試合に出場し、出場時間も合計829分に伸ばした[9]。 同シーズン終了後、サンレーヴスとの契約満了に伴い現役を引退した[10]

2017年9月6日、Bリーグアナリストに就任[11]

リポーターとして[編集]

千葉ジェッツ入団前よりリポーターとして芸能事務所ボイスワークスに所属。WOWOWNBA中継を始めるにあたり同時通訳として採用され、2011-12シーズンから毎年ファイナルの現地試合会場でのリポートを担当した[12][13]

解説者として[編集]

解説者としては、WOWOWでのNBA中継3年目より実績を積み、NBAだけでなくBリーグ中継においても秋田朝日放送テレビ岩手、NHK栃木・秋田・千葉放送局、TOKYO MXニッポン放送でも担当した。

2018-19シーズンよりNHK-BSでのBリーグ中継でも解説を始める。NBA中継の解説はWOWOWで4シーズン担当した後、2018-19シーズンよりRakutenTVのRakuten NBA Specialにて担当中。

歌手として[編集]

母の影響により、いろいろなジャンルの洋楽を聴いて育った。様々な人種が混在するアメリカとは違い、日本という単一的思考の中で「自分は何者なのだろう?」「何をするために生まれてきたのだろう?」という疑問が少年時代に燻り出す。自然とノリがよく真理を追求するラップ音楽へと傾倒し、高校生の頃から英語でのリリックを書き始める。その後日本語ラップを探求し、現在発表されているアルバムは大半が日本語である。大学3年の時にDJ MASTERKEYと出会い、表現者としての活動をスタート。

デビュー曲「Ballerの章号」<テレビ東京系バスケアニメ「DEAR BOYS」エンディングテーマ> では、CHRIS本人も登場。

アルバム「LENNON」(本名のミドルネーム“Lennon”をタイトルにする。John Lennon好きの父が命名)より、セルフ・プロデュースも手がけた。「Moon and the Sun(feat. DJ KAORI)」

その姿勢やルックス(母方の白人との混血)により、アフリカン・アメリカンのHIP HOPアーティストには「和製エミネム」と評されていたこともあった。


メディア出演[編集]



ディスコグラフィー[編集]

ミニアルバム[編集]

Love me or not(2003年7月30日)2004年9月29日DVD付きで再発

アルバム[編集]

暁けの明星(2004年9月29日)

LENNON(2007年6月6日)

MIX CD[編集]

「The Definition vol.1」 Mixed by DJ TAZ (SOLD OUT)

「The Definition vol.2」Mixed by DJ AGETETSU(2008年2月12日Mix CD公式サイトのみの流通・限定版で再発)

「Diamond City Collection」Mixed by DJ TAZ (2008年1月25日)

参加作品[編集]

DJ MASTERKEY「THE ADVENTURES OF DADDY'S HOUSE」(2006年6月7日)‐ DISC2:HOLIDAY feat.CHRIS & AI

MIC BANK「Welcome to Mic Bank」(2006年9月6日)‐ 12.tomorrow feat.CHRIS

65SYNDICATE「UNDERGROUND」(2007年2月21日)‐ 煙MC 2006 feat.HYENA、MIC PRESIDENT、6186、CHRIS、黒弧DAILL、光成、志士丸、COOL

BUZZER BEATS「Just The Beginning」(2008年5月14日)‐ 「The Alchemist Theory」 with CHRIS

脚注[編集]

  1. ^ https://www.facebook.com/sasaki.chris.7/posts/338876582916633
  2. ^ CHRIS(プロフィール)”. HOOPERS. 2012年10月14日閲覧。
  3. ^ “佐々木クリス選手との選手契約が基本合意に!!” (プレスリリース), 千葉ジェッツ, http://www.chibajets.jp/news/detail/2011-09-22/567 2011年10月5日閲覧。 
  4. ^ 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2012-2013』日本プロバスケットボールリーグ、2012年10月6日。
  5. ^ bjリーグ オフィシャルガイドブック 2012-2013
  6. ^ “選手契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 千葉ジェッツ, (2012年6月30日), http://www.chibajets.jp/news/detail/2012-06-30/1313 2012年10月14日閲覧。 
  7. ^ “佐々木クリス選手 基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 東京サンレーヴス, http://tokyo-cinqreves.jp/?p=1575 2012年7月24日閲覧。 
  8. ^ 順位表”. bjリーグ. 2013年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月2日閲覧。
  9. ^ 佐々木 クリス 選手名鑑”. bjリーグ. 2013年6月2日閲覧。
  10. ^ “佐々木選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), 東京サンレーヴス, http://tokyo-cinqreves.jp/?p=3861 2013年6月30日閲覧。 
  11. ^ “Bリーグ・アナリストに佐々木クリス氏が就任”. スポーツニッポン. (2017年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/06/kiji/20170906s00011000273000c.html 
  12. ^ 出演者情報 - WOWOW
  13. ^ 佐々木クリスの佐々木クリスのUSAリポート #1

関連項目[編集]