佐々木一樹 (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
佐々木 一樹
基本情報
出生 1944年????
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

佐々木 一樹(ささき かずき、1944年 - )は、日本ヴァイオリニスト

来歴[編集]

荒谷正雄に師事。1966年から札幌交響楽団コンサートマスター1977年から東京交響楽団コンサートマスターを務めた。1980年ヴェネツィア合奏団 (I SOLISTI VENETI)に招かれ、首席奏者及びソリストに就任。ソロ及び「クヮルテット・ロッシーニ」等の室内楽でも活躍。

長女はピアニストのウララ・ササキ、次女はチェロ奏者のマルモ・ササキで、父娘で「パドヴァ・トリオ」としても活動している[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『札幌交響楽団50年史 1961-2011』 公益財団法人 札幌交響楽団編、2011年
  • 前川公美夫 『北海道音楽史』 大空社、1995年