佐々木一真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ささき かずま
佐々木 一真
プロフィール
愛称 靴下王子
出身地 日本の旗 日本 大分県別府市
生年月日 (1997-11-23) 1997年11月23日(23歳)
身長 182 cm
最終学歴 早稲田大学法学部卒業
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部
活動期間 2020年(アナウンサーとして) -
ジャンル アナウンサー
配偶者 なし
公式サイト プロフィールページ
出演番組・活動
出演中グッド!モーニング
サンデーステーション
備考
元モデル、キャスター(2009年 - 2020年)
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

佐々木 一真(ささき かずま、1997年11月23日[1] - )は、テレビ朝日アナウンサー(日本の男性アナウンサー[1])、元モデル、キャスターである。愛称は、靴下王子[1]。身長は182cm。元TBSスパークル(旧:キャスト・プラス)所属[1]大分県出身[1]。大分豊府高校→早稲田大学法学部卒業[1]

人物[編集]

小学6年生の時にブルークロススーパーボーイズオーディション最優秀グランプリを獲得。芸能界入り[1]

2012年、NHK大河ドラマ平清盛のロケで東北に行った際、東日本大震災からの復興の光景を目の当たりにし、「国内外で起きていることを伝えられる仕事がやりたい。」と漠然に思って、メディアに目が向いた事と高校2年生の時に雑誌『ピチレモン』のイベントMCを務めた時に、言葉の発し方一つで客の受け取り方が全然違うことを体感したのをきっかけにアナウンサーへの道を歩むようになる[1]

2016年には、早稲田大学法学部に一般入試で現役合格。大学入学してからはTBSアナウンススクールに通い始める[1]。また、アナウンス研究会に所属し、東都野球リーグ(2016年6月)、ねんりんピック長崎(2016年9月サッカー担当)、ねんりんピック秋田(テニス)、六大学野球(BIg6TV)の実況アナウンサーを務める[1]

大学ではボランティア活動を精力的に行っており、年に数回、早稲田大学の公認プロジェクトの一員としてラオスで教育支援活動を行っている[1]。またバックパッカーとして世界放浪の旅に出た経験もある[2]

2017年1月に佐々木のTBSアナウンススクールでの受講の様子を見たTBSの関連会社キャスト・プラスのスタッフの声がけによりアナウンサー活動をスタート。[1]

2020年4月、テレビ朝日にアナウンサーとして就職。[3][4]

略歴[編集]

2009年、ブルークロススーパーボーイズオーディションで応募者総数8000人の中からグランプリを受賞しモデルとして芸能界にデビュー。2009年よりブルークロスのイメージモデルとしてカタログやイベントに出演。

2012年4月、雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活動開始。

2016年3月、早稲田大学法学部に一般入試で合格し、進学することを発表[5]

2017年、東京放送ホールディングスの関連会社のキャスト・プラス(後にTBSスパークルへ吸収合併)に移籍。

2018年7月、6月に開催された「CSニュースバード学生キャスターオーディション」に合格し、TBSニュースバードの学生キャスター(火曜日)を務める[6]

2020年4月、テレビ朝日にアナウンサーとして就職。[7][8]

入社直後の4月14日からグッド!モーニングのフィールドリポートを担当

2020年10月 10月改編でゴールデン帯に復帰した サンデーステーションのフィールドキャスターを担当

2020年12月 産休に入る久冨慶子アナウンサーの後任としてグッド!モーニングのサブMCに就任。

主に新聞コーナーや世界の明るくなるニュースなどを担当。

出演[編集]

報道・情報番組[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • Dragon Question

CM[編集]

  • 河合塾モデル
  • 栗原洋服店(KURI-ORI(クリオリ)) 専属モデル

ネット配信[編集]

  • ピタットTV「ハッピー予報」(2017年7月 - 、占いTV)キャスター[1]
  • 「佐々木一真とプチおしゃべりタイム」(USTREAM配信)

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

機関誌[編集]

  • ブルークロス Winter&Autumn
  • ブルークロス Spring collection
  • ブルークロス Freshers collection

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 現役早大生アナウンサー・佐々木一真「今できることをして1歩でも半歩でも進んでいけば、夢は掴める」”. FromA. 働くコラム. リクルート (2017年11月22日). 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ テレビ朝日新人アナが振り返る、コロナ禍で行われた新人研修。「クローゼットで発声練習しました」” (日本語). dogatch.jp (2020年7月18日). 2020年7月27日閲覧。
  3. ^ “テレビ朝日・早河会長、新人アナ4人へ「逆境に立ち向かって」”. スポーツ報知. (2020年4月2日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-04020024-sph-ent 2020年4月2日閲覧。 
  4. ^ 期待の新人 佐々木一真アナ!テレビ朝日に2020年入社か?” (2020年1月29日). 2020年4月2日閲覧。
  5. ^ “佐々木一真、早大法学部に現役合格”. デイリースポーツ. (2016年3月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/16/0008896813.shtml 2016年3月16日閲覧。 
  6. ^ 【3】TBSVoiceからCSニュースバード学生キャスター、デビュー!!”. アナウンサー受験なら『TBSVoice』. Voice News. TBS (2018年7月4日). 2018年7月25日閲覧。
  7. ^ “テレビ朝日・早河会長、新人アナ4人へ「逆境に立ち向かって」”. スポーツ報知. (2020年4月2日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-04020024-sph-ent 2020年4月2日閲覧。 
  8. ^ 期待の新人 佐々木一真アナ!テレビ朝日に2020年入社か?” (2020年1月29日). 2020年4月2日閲覧。

関連項目[編集]