佐々木久二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木久二

佐々木 久二(ささき ひさじ、1878年明治11年)2月14日[1] - 1952年昭和27年)5月13日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

福井県丹生郡大森村(現福井市)で、佐々木又左衛門の二男として生まれる[3][4]1905年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業した[2][3][4][5]

実業界では、東海紙料常務取締役、京浜電力常務取締役、福井興業社長、東北電力取締役、中央電力取締役などを務めた[2][3]

1924年5月、第15回衆議院議員総選挙に福井県第四区から出馬したが、憲政会土生彰に敗れた[3]1928年2月、第16回総選挙では福井県全県一区から立憲政友会所属で出馬し当選[2][3]。請願委員、予算委員、資源調査法案委員を務め、衆議院議員に一期在任した[2][3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十六回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、23頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』269頁。
  3. ^ a b c d e f 『福井県大百科事典』375頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第14版 上、サ10頁。
  5. ^ 『東京帝国大学一覧 明治39-40年』東京帝国大学、1907年、学士及卒業生姓名114頁。

参考文献[編集]

  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。