佐々木信夫 (政治活動家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ささき ただお
佐々木信夫
生誕 (1938-08-14) 1938年8月14日(80歳)
日本の旗山口県
出身校 立正大学経済学部夜間部卒業
駒澤大学大学院法学研究科
修士課程修了
千葉商科大学大学院商学研究科
修士課程修了
職業 政治活動家税理士
肩書き 社会福祉法人「出雲王朝」理事長
政党無所属→)
進歩自由連合→)
憲法みどり農の連帯→)
自由連合→)
新党地球の福祉
公式サイト 我が闘争(出雲王朝総裁佐々木信夫)
緑の季節

佐々木信夫(ささき ただお、1938年8月14日 - )は、日本政治活動家社会福祉法人「出雲王朝」(思樹茂(しきも)の里)理事長、佐々木税務行政事務所所長、中国不動産専門学院学院長。日本共産党日本社会党社会民主連合新自由クラブ進歩党進歩自由連合憲法みどり農の連帯護憲新党あかつき自由連合といった政党を渡り歩き、のちに「新党地球の福祉」代表となる。なお中央大学教授の佐々木信夫(ささき のぶお)は別人。

経歴[編集]

山口県吉敷郡宮野村(現:山口市)に生まれる。須佐町育英小学校に入学し、以後父の転勤に伴い阿東町地福小・須佐町弥富小・阿武町宇多小・田万川町江崎小へ転校、阿東町三谷小学校を卒業し阿東町地福中学校に進学。そして同校卒業後島根県立津和野高等学校に進学し、在学中には生徒会長を務める。1959年東洋大学文学部哲学科に入学するも、経済的困窮のため1962年に中退。

その後は東京横浜川崎において土工・荷担ぎ・沖仲士・トンネル掃除夫・トラック助手などの労働に従事しつつ、労働運動・政治運動に参加する。 1971年立正大学経済学部夜間部へ入学し、1975年に卒業。1977年駒澤大学大学院法学研究科修士課程修了。1978年には東京都町田市議選挙に無所属で立候補するも落選。1981年千葉商科大学大学院商学研究科修士課程修了。1983-84年には早稲田大学大学院法学研究科博士課程で学び、ドイツ法で単位取得。

選挙歴[編集]

いずれの選挙においても落選している。

選挙 政党 得票 惜敗率 順位 供託金
町田市議選(1978年) 無所属 没収
阿東町長選(1986年 無所属 170 4.4 3/3 没収
山口県議選阿武郡区(1991年 無所属(進歩党推薦) 2,872 18.9 2/2 返還
参院選山口県選挙区1992年 進歩自由連合 45,412 10.2 4/4 没収
衆院選(旧)山口県第1区1993年 進歩自由連合 3,995 7.8 8/8 没収
参院選山口選挙区(1995年 憲法みどり農の連帯 16,469 4/4 没収
衆院選山口県第3区1996年 無所属 12,834 11.8 3/4 没収
参院選山口選挙区(1998年 自由連合 23,443 6.9 4/5 没収
衆院選山口県第3区(2000年 自由連合 18,022 15.0 3/3 返還
参院選山口選挙区(2001年 自由連合 15,507 4/5 没収
山口県議選下関市区補選(2005年 無所属 4,463 5/5 没収
山口市議選(2006年 新党地球の福祉 80 没収
山口県議選宇部市区(2007年 新党地球の福祉 518 8/8 没収
山口県議選下関市区(2019年 無所属 1,088 11/11 没収

脚注[編集]

  1. ^ 選挙:参院補選・山口選挙区 佐々木氏が出馬を表明毎日新聞社 2013年3月8日
  2. ^ 選挙:参院補選・山口選挙区 佐々木氏が出馬を断念毎日新聞社 2013年4月6日
  3. ^ “社福法人理事長の佐々木氏が出馬表明 参院選鳥取・島根合区”. 産経新聞. (2019年6月14日). https://www.sankei.com/politics/news/190614/plt1906140040-n1.html 2019年6月15日閲覧。