佐々木健一 (ノンフィクション作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木健一(ささき けんいち、1977年- )は、日本のテレビディレクターノンフィクション作家

北海道札幌市生まれ。早稲田大学卒業後、NHKエデュケーショナル入社。ディレクターとして『哲子の部屋』、『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズなどを企画・制作。『哲子の部屋』で第31回ATP賞優秀賞、『Dr. Mitsuya 世界初のエイズ治療薬を発見した男』でアメリカ国際フィルム・ビデオ祭2016ドキュメンタリー部門(健康・医療分野)シルバースクリーン賞を受賞。2014年、第30回ATP賞最優秀賞、第40回放送文化基金賞優秀賞を受賞した『ケンボー先生山田先生―辞書に人生を捧げた二人の男』を元に執筆した『辞書になった男』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞[1]。2017年、『神は背番号に宿る』でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞、『ブレイブ 勇敢なる者「Mr.トルネード 気象学で世界を救った男」』で科学ジャーナリスト賞2017を受賞。

著書[編集]

  • 『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』文藝春秋 2014 のち文庫
  • 『神は背番号に宿る』新潮社 2017
  • 『Mr.トルネード 藤田哲也世界の空を救った男』文藝春秋 2017
  • 『雪(そそ)ぐ人 えん罪弁護士 今村 核 』NHK出版 2018

脚注[編集]

  1. ^ 『神は背番号に宿る』著者紹介