佐々木哲造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 哲造(ささき てつぞう、1886年明治19年)1月24日[1] - 没年不明)は、日本政治家青森県会議員[1]青森県北津軽郡五所川原町[2]、会社重役。津軽商事常務[1]。津軽商事、五榮各取締役[2]

人物[編集]

青森県人・佐々木眞平の三男[1][2]。五所川原の呉服商で、大地主・初代佐々木嘉太郎の孫[3]1920年、兄・嘉太郎方より分かれて一家を創立した[2]。五所川原町長を務めた[2]。宗教は曹洞宗[1]。青森県北津軽郡五所川原町[2](現五所川原市)。青森県在籍[2]

家族・親族[編集]

佐々木家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』青森9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第9版』サ17頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月17日閲覧。
  3. ^ a b 『人事興信録 第4版』さ26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。