佐々木宏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木宏夫(ささき ひろお、1956年 - )は、日本の経済学者。

人物[編集]

新宿区生まれ。神奈川県立湘南高等学校を経て、1979年信州大学理学部卒業、1981年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、1987年ロチェスター大学大学院経済学研究科博士課程修了、Ph.D.。

学部では数学を専攻し、修士課程では二階堂副包の元で学ぶ[1]。ロチェスター大学で学位取得後は名古屋市立大学助教授を経て、1993年早稲田大学商学部助教授、1996年同教授、2005年より大学院会計研究科教授も兼任し2010年より同研究科長。また、この間の1997年から1999年まで大蔵省に出向し、大蔵省大臣官房専門調査官兼財政金融研究所主任研究官、2001年にはライス大学経済学部客員教授をつとめる。

著書[編集]

教科書[編集]

  • 『情報の経済学-不確実性と不完全情報』日本評論社、1991年
  • 『入門マクロ経済学』(共著)中央経済社、1999年
  • 『入門ミクロ経済学』(共著)中央経済社、2002年
  • 『入門 ゲーム理論-戦略的思考の科学』日本評論社、2003年
  • 『経済数学入門』日本経済新聞社日経文庫)、2005年
  • 『基礎コース ミクロ経済学』新世社、2008年
  • 『史上最強図解 ミクロ経済学入門』ナツメ社、2011年

論文[編集]

  • "Two-sided Matching Problems with Externalities"、(戸田学との共著)
  • "Consistency and Characterization of the Core of Two-sided Matching Problems,"、(同上)
  • 『戦後50年:「熱い正義」から「冷めた正義」へ 』、賀川昭夫との共著(1995)

出典[編集]

  1. ^ 「昭和55年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋研究