佐々木巌 (イコン画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ペトロス佐々木巌の墓(リントゥラ至聖三者女子修道院の墓地)。
墓碑・十字の銘板

佐々木 巌(ささき いわお、1939年 - 1999年)は、日本人正教徒でありイコン画家。聖名ペトル秋田県大館市出身。フィンランドにおけるローマ字表記は"Petros Sasaki"(ペトロス ササキ[1]

ニコライ堂境内にある日本正教会が運営する神学校を卒業後、フィンランドに渡りクオピオに居住。多くのイコンをフィンランド正教会のために描いた。クオピオとオウルを中心に活動し、イコン制作に勤しみつつ多くの後進の指導に当たり、フィンランドの教会生活・芸術に貢献した。

ペトル佐々木は主にフィンランド正教会で活躍したため、日本正教会に遺されている作品は多く無い。それでも日本正教会に対して神学校時代に数点のイコンを献納しており、さらにフィンランドに渡って後に1点のイコンを日本正教会に寄贈している。それらは山田正教会生神女福音会堂やニコライ堂などに収められている。

佐々木の墓は、リントゥラ至聖三者女子修道院の墓地にある。

脚注[編集]

  1. ^ Petros Sasaki – Ortodoksi.net (フィンランド語)

関連項目[編集]

出典:外部リンク[編集]