佐々木康人 (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 康人(ささき やすひと、1937年 - )は、日本医師医学者学位医学博士東京大学1968年)。専門は内科学放射線医学核医学国際連合によって設置された原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)議長(2004-2005年)、日本代表(1997-2006年)を務めた[1]

東邦大学医学部教授群馬大学医学部教授、東京大学医学部教授、放射線医学総合研究所理事長国際医療福祉大学副学長日本アイソトープ協会常務理事湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター長などを歴任した[2]。また、国際放射線防護委員会(ICRP)主委員会委員(2001-2009年)、第三委員会委員(1993-2001年)、日本核医学会理事長なども務めた。日本医学放射線学会名誉会員、日本核医学会名誉会員、米国核医学・分子イメージング学会フェロー(FSNMMI)[3]

概要[編集]

主治医としてトロトラスト肝障害(肝臓に沈着した造影剤トロトラストに含まれるトリウムから放出したα線による障害)の患者を担当したことがきっかけで、放射線医学と核医学を専攻し、内科医から放射線科医に転向した[2]1969年に「核医学のパイオニア」として知られた米国ジョンズ・ホプキンス大学のヘンリー・ワグナー教授のもとに留学[2]。帰国後は核医学、分子イメージングの研究に取り組み、放射線医学総合研究所、UNSCEAR、ICRP、日本核医学会など国内外で様々な要職を務め、日本の核医学分野の発展に貢献した。

2011年東日本大震災および福島第一原子力発電所事故の後、首相官邸の原子力災害専門家グループの一員も務めた[4]

略歴[編集]

受賞[編集]

  • 1972年 日本核医学会賞[5]
  • 2000年 米国核医学会理事長賞(SNM Presidential Distinguished Service Award)[6]

主な著書[編集]

  • 最新 臨床核医学〈基礎編〉、永井輝夫、佐々木康人編集、朝倉書店1986年 (ISBN-13:978-4254320794)
  • 最新 臨床核医学〈臨床応用編〉、永井輝夫、佐々木康人編集、朝倉書店1986年 (ISBN-13: 978-4254320800)
  • 標準放射線医学 第6版(標準医学シリーズ)、佐々木康人監修、医学書院2001年 (ISBN-13: 978-4260138826)
  • 身近な放射線の知識、佐々木康人著、放射線医学総合研究所編集、丸善2006年 (ISBN-13: 978-4621077092)

脚注[編集]