佐々木敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ささき びん
佐々木 敏
プロフィール
本名 佐々木 敏(ささき とし)[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本岩手県[2]
生年月日 (1942-07-31) 1942年7月31日(79歳)
身長 175 cm[3][2]
職業 俳優声優
事務所 演劇集団 円
円企画[2]
俳優活動
活動期間 1967年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
活動期間 1970年代 -
ジャンル 吹き替えアニメゲーム
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

佐々木 敏(ささき びん、1942年7月31日[3] - )は、日本俳優声優[4]岩手県出身[3][2]円企画に所属[2]

来歴[編集]

早稲田大学文学部中退[5]1967年現代演劇協会附属演劇学校に入学[2]。その後劇団雲に入団[2]1975年から演劇集団 円に所属[2]

死去した宮川洋一嶋俊介内田稔から持ち役の一部を引き継いでいる。

人物[編集]

声種ハイバリトン[2]

特技は岩手弁[2]

洋画吹き替えではジェフリー・デマンの声の大半を務めている。

金田一少年の事件簿』の藍沢優役だけは、クレジットが本来の名前とは違う名前の郷古潔になっている。

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

出演作品(声優)[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ジェフリー・デマン

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2017年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「郷古潔」名義(水城龍之臣との二役での出演のため)

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、128頁。ISBN 4-87376-160-3。
  2. ^ a b c d e f g h i j 佐々木敏”. 円企画. 2017年5月24日閲覧。
  3. ^ a b c 佐々木敏”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月24日閲覧。
  4. ^ 佐々木敏”. タレントデータバンク. 2017年5月24日閲覧。
  5. ^ 佐々木敏”. Geinou-Net. 日本ナレーション演技研究所. 2007年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  6. ^ デイ・アフター 首都水没”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  7. ^ “話題のふきカエ ブラックパンサー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年3月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=8858 2018年3月1日閲覧。 
  8. ^ ラストサムライ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  9. ^ ワンダーウーマン”. ふきカエル大作戦!!. 2017年8月19日閲覧。
  10. ^ 登場人物”. アガサ・クリスティー 無実はさいなむ. NHK. 2019年5月30日閲覧。
  11. ^ ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜”. トムス・エンタテインメント. 2016年5月3日閲覧。
  12. ^ CHARACTER”. TVアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』. 2015年9月12日閲覧。
  13. ^ 夢かける高原 清里の父 ポール・ラッシュ”. メディア芸術データベース. 2017年4月11日閲覧。
  14. ^ とある飛空士への追憶”. メディア芸術データベース. 2017年4月11日閲覧。
  15. ^ 『<harmony/> 劇場パンフレット』東宝、2015年、34頁。
  16. ^ 映画「エウレカセブン」キービジュ&新たな特報が到着、公開日は11月26日に”. コミックナタリー (2021年8月10日). 2021年8月10日閲覧。