佐々木現順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

佐々木 現順(ささき げんじゅん、1915年 - 2010年1月26日[1])は、天台真盛宗の僧、仏教心理学者。

福井県出身。京都帝国大学文学部卒、大谷大学助教授、教授。1962年「仏教心理学の研究」で大谷大学文学博士。86年定年、名誉教授。西徳寺住職。仏教を心理学の立場からとらえる仏教心理学の提唱者である[2]

著書[編集]

  • 『仏教に於ける有の形而上学』弘文堂 1949
  • 阿毘達磨思想研究 仏教実在論の歴史的批判的研究』弘文堂 1958
  • 『人と人』学而堂 1960
  • 『仏教心理学の研究 アッタサーリニーの研究』日本学術振興会 1960 法蔵館 1990
  • 『人間・その宗教と民族性』清水弘文堂 1973
  • 『仏教における時間論の研究』清水弘文堂 1974
  • 『業と運命』清水弘文堂 教養シリーズ 1976
  • 『原始仏教から大乗仏教へ』清水弘文堂 教養シリーズ 1978
  • 『業の思想』第三文明社 レグルス文庫 1980
  • 『現代インドへの路』第三文明社 レグルス文庫 1981
  • 『業思想の日本的受容』教育新潮社 仏教文化シリーズ 1981
  • 『人間-その宗教と民族性』第三文明社 レグルス文庫 1981
  • 『業論の研究 順正理論・業品の解明』法蔵館 1990

共編著[編集]

  • 『煩悩の研究』編著 清水弘文堂 1975
  • 『基本パーリ語文法』野々目了共著 清水弘文堂 1977

翻訳[編集]

  • スヴドラ『仏教入門』あそか書林 1953
  • ウパティッサ『解脱道論 頭陀品チベット校訂本文並びに訳註』校註 法蔵館 1958

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 朝日新聞福井版訃報
  2. ^ 『業の思想』著者紹介