佐々木由喜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木由喜子
出生名 佐々木由喜子
(ささきゆきこ)
出身地 日本の旗 日本
学歴 明星大学(博士)[1]

佐々木 由喜子(ささき ゆきこ)は、日本教育学者池坊短期大学幼児保育学科教授[2]

出版物[編集]

  • 谷田貝公昭監修、三森桂子編著、小畠エマ編著 『音楽表現 (実践保育内容シリーズ)』 一藝社、2014年4月15日。国立国会図書館サーチR100000002-I025372370-00ISBN 978-4863590762。[3]
  • 木村鈴代編著、野口美乃里ほか 『新・たのしい子どものうたあそび―現場で活かせる保育実践』 同文書院、2014年4月。国立国会図書館サーチR100000002-I025367414-00ISBN 978-4810314342。[3]
  • 佐々木由喜子 『どれどれだれでもわかる音楽のしくみ』 自費出版、2017年。[3]

論文[編集]

  • リトミックにおけるブラスティック・アニメに関する研究ー古典バレエの比較研究を通して(明星大学通信制大学院修士論文)
  • ラバンの舞踊の原理とリトミックに関する研究ーラバノ―テーションの基本的な考え方とリトミックのリズム運動(日本ダルクローズ音楽教育学会ダルクローズ音楽教育研究第38号査読付き)2014年3月
  • リトミックにおけるブラスティック・アニメに関する研究ー音楽と身体の動きの関係に見る古典バレエとの比較を中心にー(日本ダルクローズ音楽教育学会40周年記念編集)リトミック教育研究査読付き2015年3月)国立国会図書館サーチR100000002-I026438083-00
  • イサドラ・ダンカンとエミール・ジャック・ダルクローズの教育思想に関する研究一音楽の動きの概念を中心に(日本ダルクローズ音楽教育学会)ダルクローズ音楽教育研究第39号査読付き2015年3月)
  • リトミックにおける身体表現法に関する研究ー20世紀前後の身体表現教育との比較を中心に(明星大学通信制大学院博士論文)2016年国立国会図書館サーチR000000025-I003115362-00
  • リトミックに音楽におけるブラスティック・アニメに関する研究ー念の成立の過程と変容を中心に(日本ダルクローズ音楽教育学会)ダルクローズ音楽教育研究第40号査読付き2016年3月
  • 幼児の音楽的表現におけるリトミックの効果と課題に関するー考察ー領域「表現」の内容に着目して(池坊短期大学紀要28)2017年12月国立国会図書館サーチR000000004-I028735410-00
  • アッピアの演出理念とリトミックの理念の共通性に関する研究ーアッピア『音楽とミザンセーヌ』(1898)分析を通して国立国会図書館サーチR000000004-I029098738-00

発表論文[編集]

  • ラバンの舞踊の原理とリトミックに関する研究ーラバノーテーションの基本的な考え方とリトミックのリズム運動(日本ダルクローズ音楽教育学会研究大会)2013年11月
  • イサドラ・ダンカンとエミール・ジャック=ダルクローズの教育思想にかんする研究一音楽と動きの概念を中心に(日本ダルクローズ音楽教育学会第14回研究大会)2014年
  • リトミックに見られるデルサルト身体表現理論の影響に関するー考察(日本ダルクローズ音楽教育学会研究例会)2015年
  • アドルフ・アッピアの演習理念にみられるJ=ダルクローズの影響に関する研究ーアッピアの言述を手掛かりに(日本ダルクローズ音楽教育学会研究大会2017年11月国立国会図書館サーチR000000004-I028735439-00

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NAID 500000996973
  2. ^ 教員スタッフ
  3. ^ a b c 幼児保育学科 (2018年5月1日). "【3】教員について" (PDF). 池坊短期大学. p. 3. Retrieved 2018年12月20日.