佐々木誠吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木 誠吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県益田市
生年月日 (1946-09-01) 1946年9月1日(71歳)
身長
体重
181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1966年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐々木 誠吾(ささき せいご、1946年9月1日 - )は、島根県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

浜田高校では2年生の時、1963年秋季中国大会準決勝まで進むが、菱川章らのいた倉敷工に敗退。翌1964年夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、出雲商に敗れた。

1965年阪急ブレーブスへ入団、本格派の大型右腕と期待される。1967年には5月から先発に起用され、7勝6敗の成績を残す。同年の日本シリーズにも3試合登板した。翌年はリリーフに回り18試合に登板、1969年にも5勝をあげるが、その後は登板機会が減る。オーバースローから、スライダー、シュート、カーブ武器とする。

1971年オフに大橋穣種茂雅之とのトレードで阪本敏三岡村浩二と共に東映フライヤーズへ移籍するが、活躍の場はなく1972年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 阪急 6 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 46 10.0 13 4 6 0 0 6 0 0 6 6 5.40 1.90
1967 31 16 3 2 0 7 6 -- -- .538 480 116.2 96 8 38 2 4 67 1 0 51 41 3.15 1.15
1968 18 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 121 29.1 33 2 8 0 0 22 0 1 12 10 3.10 1.40
1969 21 11 2 0 0 5 2 -- -- .714 329 79.2 65 10 20 0 2 45 0 1 29 26 2.93 1.07
1970 2 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 19 3.2 6 1 4 0 0 2 0 0 3 3 6.75 2.73
通算:5年 78 28 5 2 0 12 8 -- -- .600 995 239.1 213 25 76 2 6 142 1 2 101 86 3.24 1.21

背番号[編集]

  • 45 (1965年、1972年)
  • 46 (1966年 - 1971年)

関連項目[編集]