佐々木隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 隆治(ささき りゅうじ、1974年 - )は、日本経済学者思想史家カール・マルクス経済理論及び社会思想を研究テーマとする。立教大学経済学部准教授、同大学経済研究所副所長。博士(社会学)。日本MEGA編集委員会編集委員

人物・経歴[編集]

愛知県豊田市出身。愛知県立豊田西高等学校を経て、2011年一橋大学大学院社会学研究科博士課程を修了し、論文「マルクス物象化論の核心 ―素材の思想家としてのマルクス―」により、一橋大学博士(社会学)の学位を取得。審査員は、平子友長大河内泰樹島崎隆、坂なつこ[1][2]

一橋大学大学院社会学研究科特別研究員を経て、2013年から立教大学経済学部経済学科准教授[3][4]。立教大学経済研究所副所長[5]、日本MEGA(Marx-Engels-Gesamtausgabe)編集委員会編集委員[6]

著書[編集]

脚注[編集]