佐々木静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 静子(ささき しずこ、1926年大正15年)8月27日[1] - 2018年7月19日[2])は、日本の弁護士政治家。関西地方初の女性弁護士である[3]参議院議員を1期務めた。

人物・来歴[編集]

大阪市出身。父は弁護士で松島遊郭事件を担当した田村堅三[3]

1944年大阪府立大手前高等女学校卒業[4][5]。同年、18歳で旧海軍省官僚と結婚した[6]。終戦後、司法試験の受験を志し、受験資格を得るために子育ての傍ら大阪女子大学に入学した[7]

1952年に司法試験に合格、1955年に弁護士登録する[5]。弁護士開業後は仕事の都合上、夫と別居することになり、離婚に至る[8]

1958年に、吹田事件を担当した判事佐々木哲蔵と再婚した[5]。哲蔵は静子が司法修習生のときの指導教官であった[9]哲蔵は吹田事件の訴訟指揮をめぐって批判を浴びたことを契機に判事を退官し[要検証]、夫婦で佐々木哲蔵・静子法律事務所を開設した[5]。静子は徳島ラジオ商殺し事件八海事件などの冤罪事件を担当した[3]

1971年6月、第9回参議院議員通常選挙大阪府選挙区から出馬し当選、1977年まで参議院議員を1期務めた(日本社会党所属)。この間、参議院交通安全対策特別委員長を務めた[4][10]

著作[編集]

  • 『女性の法律入門』法律文化社 1971年
  • 『最新の中国法』高千穂書房 1983年
  • 『もえる日日 わたし自身の暦』ミネルヴァ書房 シリーズ「女いま生きる」 1984年
  • 『冬座敷 句集』NHK文化センター 1999年
  • 『命もやして 87歳現役女性弁護士の回想』潮出版社 2014年

共編著[編集]

  • 『真昼の暗黒 八海事件15年と今後』原田香留夫共著 大同書院 1967年
  • 『女性のライフサイクルと法 家庭・職場・社会』編著 ミネルヴァ書房 シリーズ「女いま生きる」 1987年
  • 『女性が変える生活と法 男女共同参画社会をめざして』編著 ミネルヴァ書房 シリーズ<女・あすに生きる> 2000年
  • 『成年後見制度Q&A』編 ミネルヴァ書房 シリーズ・高齢者の暮らしを支えるQ&A 2001年

翻訳[編集]

  • 『最新の中国法』編訳 高千穂書房 1980年
  • 中国法学会、澳門東亜大学研究院 編『中国ビジネス法大系』学生社 1989年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.192
  2. ^ 佐々木静子さんが死去;日本経済新聞
  3. ^ a b c 『朝日新聞』2014年6月16日付・17日付夕刊「(人生の贈りもの)女性弁護士の草分け・佐々木静子 新しい日本の役に立ちたくて」
  4. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』314頁。
  5. ^ a b c d 佐々木静子氏 プロフィール”. WEB金蘭会. 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会. 2014年6月18日閲覧。
  6. ^ 佐々木静子氏 最初の結婚”. WEB金蘭会. 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会. 2014年6月18日閲覧。
  7. ^ 佐々木静子氏 ママは大学一年生”. WEB金蘭会. 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会. 2014年6月18日閲覧。
  8. ^ 佐々木静子氏 家事と育児と六法全書”. WEB金蘭会. 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会. 2014年6月18日閲覧。
  9. ^ 佐々木静子氏 佐々木哲蔵氏と結婚”. WEB金蘭会. 大阪府立大手前高等学校同窓会金蘭会. 2014年6月18日閲覧。
  10. ^ 『朝日新聞』東京本社版1977年1月31日付朝刊2面「参院13委で委員長交代 参議院」

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。