佐々木龍也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 龍也(ささき たつや、1965年6月4日 - )は、日本の元競輪選手神奈川県出身。日本競輪学校第57期卒業。日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は星川淳

戦績[編集]

法政大学第二高等学校在校時から自転車部に所属し、その後は星川淳に師事して日本競輪学校第57期に合格。同期に坂本勉波潟和男梶應弘樹らがいる中、在校成績は16勝で17位だった。

1986年5月3日、ホームバンクの花月園競輪場でデビュー戦を迎えたが、競走棄権に終わった。初勝利は同年9月30日の函館競輪場1993年オールスター競輪宇都宮競輪場)で特別競輪(現在のGI)初優出(5着)。以後2011年2月20日現在、2006年競輪祭小倉競輪場)まで通算6回、GI決勝に進出。

さらに1995年アジア自転車競技選手権大会・ケイリン2位、1997年の同大会・ケイリンでは優勝という実績も残している。

2017年4月3日、京王閣競輪最終日をもって現役を引退[1]、同年4月10日選手登録を消除。通算成績は2213戦387勝、2着354回、3着293回。通算獲得賞金は8億80万5433円。

引退後は日本自転車競技連盟の選手強化スタッフに就任[2]

長男の佐々木龍自転車競技を経て2016年より競輪選手(神奈川・109期)としてデビューした。また、次男の眞也(しんや)、三男の和紀(かずき)がともに日本競輪学校(現・日本競輪選手養成所)第117期入学試験に合格[3]、養成所で選手候補生として競輪選手デビューを目指している。このほか、元プロ野球選手である松谷秀幸(神奈川・96期)の師匠として、松谷を競輪選手へと導いた。

サウンドヒーリング[編集]

15歳の頃、水腎症を発症した。先天性尿管狭窄に起因する左尿管の細化が原因であったため、拡張手術を行なったが失敗。その際、既に左腎臓が右腎の2倍の大きさに膨らみ、また尿管も膨張し、腎機能は約10%有るかないかであったため、腎臓摘出を医者から勧められたが、当人は将来競輪選手を志望している手前、その障害になることを危惧してそれを拒否。そのため、年に2~3回程度発作が生じた。そこで2002年サウンドヒーリングという療法を取り入れたところ、痛みが減り、腎結石の数も少なくなり尿の量も増える結果となったという[4]

脚注[編集]