佐々部清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ささべ きよし
佐々部 清
佐々部 清
生年月日 (1958-01-08) 1958年1月8日(61歳)
出生地 山口県下関市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1983年 - 現在
主な作品
チルソクの夏』『夕凪の街 桜の国』『ツレがうつになりまして。』ほか

佐々部 清(ささべ きよし、1958年1月8日 - )は、日本の映画監督山口県下関市出身。山口県立豊浦高等学校明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。

来歴[ソースを編集]

1983年より映画およびテレビドラマの助監督となる。主に和泉聖治降旗康男などの監督に師事した。

2002年に『陽はまた昇る』で監督デビュー。以降、2003年チルソクの夏』、2004年半落ち』、2006年カーテンコール』、2007年夕凪の街 桜の国』、2011年ツレがうつになりまして。』などを監督。『チルソクの夏』『四日間の奇蹟』『カーテンコール』は下関三部作と呼ばれている。

2004年、「プルミエ・インターナショナル」出身の映画プロデューサー「臼井正明」と共に映画製作会社「シネムーブ」を設立。

エピソード[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

 (日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞、日本アカデミー賞優秀作品賞) 

  • チルソクの夏』監督/脚本(2003年5月24日下関先行 2004年4月17日公開)

 (日本映画監督協会新人賞新藤兼人賞金賞)

  • 半落ち』監督/共同脚本(2004年1月10日公開)

 (日本アカデミー賞 最優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞 日本映画復興奨励賞)

 (日本映画批評家大賞作品賞)

 (日本映画批評家大賞作品賞)

 (中国金鶏百花映画祭最優秀作品賞)

  • 六月燈の三姉妹』(2013年11月9日鹿児島先行 2014年5月31日公開)
  • 東京難民』(2014年2月22日公開)
  • 群青色の、とおり道』監督/共同脚本(2015年3月28日群馬先行・同年7月11日公開)
  • 『種まく旅人 夢のつぎ木』(2016年10月22日岡山先行公開)
  • 八重子のハミング』監督/脚本/プロデューサー(2016年10月29日山口先行公開 2017年5月6日公開)
  • 『ゾウを撫でる』(2017年1月公開)
  • この道 (映画)』(2019年1月公開)

テレビドラマ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

主な助監督参加作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連文献[ソースを編集]