佐久小諸ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐久小諸ジャンクション
上信越道下り線側の分岐
上信越道下り線側の分岐
所属路線 E18 上信越自動車道
IC番号 7-1
起点からの距離 72.8 km(藤岡JCT起点)
佐久IC (1.5 km)
(9.3 km) 小諸IC
所属路線 E52 中部横断自動車道
IC番号 7-1
小諸御影TB (0.5 km)
供用開始日 2011年3月26日
通行台数 x台/日
所在地 384-0808
長野県小諸市大字御影新田字野火附376-1
テンプレートを表示

佐久小諸ジャンクション(さくこもろジャンクション)は、長野県小諸市にある上信越自動車道及び中部横断自動車道ジャンクションである。

接続する路線[編集]

歴史[編集]

[編集]

E18 上信越自動車道
(7) 佐久IC - (7-1) 佐久小諸JCT - (8) 小諸IC
E52 中部横断自動車道
佐久北IC - 小諸御影TB - (7-1) 佐久小諸JCT

名称問題[編集]

仮称佐久JCTの名称について、佐久市側は高速自動車国道の路線を指定する政令に於いて中部横断自動車道の終点が佐久市であることが明記されているので「佐久JCT」、小諸市側は所在地が小諸市内であることから「小諸佐久JCT」とするようにそれぞれ要望した。佐久広域連合の11市町村で結成された「中部横断道ジャンクション名称検討懇談会」に於いて座長を務める南佐久郡川上村の藤原忠彦村長が調停に入り、当名称に決定した。その際の条件として、佐久市側は両市にまたがって建設された仮称141号ICの名称を「佐久北IC」、小諸市側は隣接する本線料金所の名称を「小諸御影料金所」とすることを提案し、決定された。[1]

佐久市と小諸市は1997年、現在の佐久平駅の名称検討の際にも対立している(この際は当時の長野県知事であった吉村午良調停に入り「佐久平」となった経緯がある)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中部横断道ジャンクション名称めぐり11市町村長が懇談

関連項目[編集]