佐久長聖高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐久長聖高等学校
過去の名称 佐久高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖啓学園
理念 礼節・忍耐・誠実
設立年月日 1964年(昭和39年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 類型別I類・II類・III類
高校コード 20516J
所在地 385-8588
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
  

佐久長聖高等学校(さくちょうせいこうとうがっこう)は、長野県佐久市にある私立の高等学校である。旧名、「佐久高等学校(さくこうとうがっこう)」。略称は「長聖」(ちょうせい)や「佐久長」(さくちょう)。

目次

概要

夏の甲子園へ4回(1994年、1995年、1998年、2002年)、センバツへ1回(1997年)出場している。

文化祭は「聖祭」と称する。1、2年生は主にステージ発表、3年生は模擬店を行う。2日間に渡って行われ、一般公開は2日目。

類型別授業を行う。はI類、II類、III類の3種類があり、それぞれに特徴を持つ(類型ガイド)。

I類,III類は旧帝大や有名私立大学等難関大進学のためハイレベルの勉強をしており高校3年になると部活動を引退し受験体制に入る。それらに比べII類は中学時代にスポーツで名を馳せた生徒が「推薦」という形で入学してくる生徒が多いので3年間得意分野のスポーツを思い切りしている。そのためII類からの大学進学者の大半は私立大学への「スポーツ推薦」である。

最近の主な進学成績は、01年に初めて中高一貫課程1期生が5人の東京大学現役合格を出して以来、毎年コンスタントに東大合格者を出している。05年には5期生が東京大学理科III類に現役合格。佐久長聖中学校の中高一貫課程では、東京大学合格者数が6年間で20名を越えている。また、06年は6期生が現役5人(浪人は2人、京都に現役1人)の合格者を出した上、高校課程のI類からも東京大学へ現役合格を果たした(中高一貫課程の主な進学実績)。

中学・高校とも入学検査は、県内各所のほか、高崎や東京等で行われ、県内はもとより全国から優秀な生徒を集めている。

沿革

教育目標

「知育」、「徳育」、「体育」および「気育」、「美育」の五育を大切にした全人教育。

エピソード

  • 中学校入学後の一年は原則として寮生活となり、学校授業とは別に平日1.5時間、休日5時間の勉強会がある。中学生という、まだ精神的にも不安定な時期に良き仲間と寝食を共にすることで「友情」というかけがえのないものを育むことができるという考えに基づいている。

出身者

教員

校章

校歌

学校概要を参照。

最寄駅

関連項目


今日は何の日(7月21日

もっと見る

「佐久長聖高等学校」のQ&A