佐久間勝宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐久間 勝宗
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天正17年(1589年
死没 元和2年3月4日1616年4月19日
改名 勝長(別名)
戒名 挑雲宗見廣岳院
墓所 二本榎広岳院
幕府 江戸幕府
氏族 佐久間氏
父母 父:佐久間安政母:佐々成政・娘
正室真田信之の次女(まさ見樹院
無し

佐久間 勝宗(さくま かつむね)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。信濃飯山藩主・佐久間安政長男。別に「勝長」(かつなが)とも。

生涯[編集]

天正17年(1589年)、小田原で生まれた。大坂の役では徳川方に参加し、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣において天王寺表で戦功を挙げた。

子はなく、享年28で父に先立って死去し、嫡男として生まれたが家督を継ぐことはなかった。