佐伯卯四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐伯 卯四郎(さえき うしろう、1891年2月1日 - 1972年1月12日)は、日本実業家政治家日本陶器社長や、中部経済連合会会長、参議院議員等を務めた。

人物・経歴[編集]

1912年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。1914年森村組入社。1934年日本陶器取締役。1939年日本陶器常務取締役。1942年日本陶器専務取締役。1946年日本陶器取締役社長。1947年第1回参議院議員通常選挙愛知県選挙区当選(補欠、任期3年)。1954年中部経済連合会会長。1955年初代中部経済同友会代表幹事。1961年日本陶器取締役会長東洋陶器取締役、日本碍子取締役[1][2][3][4]名古屋商工会議所副会頭[5]名古屋テレビ塔取締役[6]学校法人名城大学理事等も歴任した[7]。1972年正四位勲二等瑞宝章[8]

親族[編集]

ノリタケカンパニーリミテド代表取締役社長を務めた佐伯進は子[9]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『佐伯卯四郎追想録』日本陶器、1973年。


先代:
森村義行
日本陶器社長
1946年 - 1961年
次代:
岩田蒼明