佐伯政友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐伯 政友(さへき まさとも、1927年 - 1995年1月4日)は日本の口腔解剖学者。医学博士(東京大学)。東京医科歯科大学卒。

1927年生まれ[1]東北大学名誉教授、1995年1月4日大腸腫瘍のため仙台市内の病院で死去、67歳[2]

著書[編集]

  • 酒井琢朗; 佐伯政友 (1986), “推薦のことば”, in 後藤仁敏; 大泰司紀之, 歯の比較解剖学, 医歯薬出版, pp. iii-iv, ISBN 4263400704, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN00759408 

論文[編集]

賞詞[編集]

  • 従三位勲二等旭日重光章(1995年1月31日)東北大学名誉教授[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 朝日新聞 (1995年1月6日), “佐伯政友氏死去”, 朝日新聞1995年1月6日付朝刊: 35 
  • 朝日新聞 (1995年2月1日), “叙位叙勲(1月31日)/宮城”, 朝日新聞1995年2月1日付朝刊/宮城 

脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館(NDL)典拠レコード検索
  2. ^ 朝日新聞 1995a.
  3. ^ 朝日新聞 1995b.