佐伯葛城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐伯葛城
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦8年(789年)5月頃
官位 従五位下征東副将軍正五位下
主君 桓武天皇
氏族 佐伯宿禰
父母 父:佐伯伊多智
大野、頴人、宮麻呂、松枝
テンプレートを表示

佐伯 葛城(さえき の かずらぎ)は、奈良時代貴族宿禰中衛中将佐伯伊多智の子。官位従五位下征東副将軍正五位下勲等は勲八等。

経歴[編集]

延暦3年(784年)従五位下に叙爵し、翌延暦4年(785年)3月中衛少将、9月には右少弁に任官している。

延暦5年(786年蝦夷征討の準備に向けた兵士検閲と武具点検ため、判官1名・主典1名と共に東海道に派遣された。この時東山道には紀楫長が遣わされている[1]。翌延暦6年(787年)2月に陸奥介鎮守副将軍に任ぜられるが、間もなく陸奥介は藤原葛野麻呂に、鎮守副将軍は池田真枚に交代して、葛城は下野守に遷っている。さらに10月には民部少輔を兼ねており、この時点では在京であったと推定される。

延暦7年(788年)3月に入間広成紀真人と共に征東副使に任ぜられ東北地方に遠征する。延暦8年(789年)3月末に遠征軍は衣川(現在の岩手県西磐井郡平泉町付近)に陣を敷くが[2]、葛城は陣中に没し、同年5月26日に正五位下位階が贈られた。最終官位は征東副将軍民部少輔兼下野守。なお葛城の没後間もなく遠征軍は蝦夷の族長であるアテルイの反撃に遭い大敗を喫している(巣伏の戦い[3]

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:佐伯伊多智[4]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:佐伯大野[4]
    • 男子:佐伯頴人[4]
    • 男子:佐伯宮麻呂[4]
    • 男子:佐伯松枝[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』延暦5年8月8日条
  2. ^ 『続日本紀』延暦8年5月12日条
  3. ^ 『続日本紀』延暦8年6月3日条
  4. ^ a b c d e 鈴木真年『諸系譜』第八冊,佐伯宿禰

参考文献[編集]