佐佐木房高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐佐木 房高(ささき ふさたか、宝暦4年(1754年)- 文政10年9月21日(1827年))は、江戸時代後期の長州藩士。尼子氏(佐佐木氏)13代目当主である。初名は紀久(のりひさ)、のちに藩主毛利斉房より偏諱を賜って房高に改名。父は佐佐木就清。子には嗣子なく、娘於満志のみ。

継嗣が居なかったため、宍戸房純次男である佐佐木元久(もとひさ、子に親辰、浦親教(浦元襄養子)がいる)を婿養子(於満志の夫)に迎えた。

出典[編集]