佐古正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さこ まさと
佐古 正人
プロフィール
本名 同じ[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本山口県岩国市[2]
死没地 日本の旗 日本・山口県岩国市
生年月日 (1946-11-09) 1946年11月9日
没年月日 (2003-01-11) 2003年1月11日(56歳没)
身長 168 cm[3]
職業 俳優声優
俳優活動
活動名義 佐古 雅誉
活動期間 1960年代 - 2003年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
活動名義 佐古 雅誉
ジャンル アニメ吹き替え
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

佐古 正人(さこ まさと、1946年11月9日[3] - 2003年1月11日)は、日本男性俳優声優

経歴・人物[編集]

山口県岩国市出身[2]中央大学文学部英文学科中退[3]

劇団雲に入団して俳優生活をスタート。その後、演劇集団 円の設立に参加する[3]

シェイクスピア劇など、舞台を中心に活動を行う傍ら、テレビドラマ出演、1980年代からは洋画の吹き替えアニメの声優としても活躍した。吹き替えではゲイリー・オールドマンの担当で知られた。

一時期、芸名佐古 雅誉(読み同じ)としていたが[4]、その後元に戻した。

しかし、2000年7月に舌癌を発症する。2年先まで仕事の予定が入っていたが、治療のためそれらは全てキャンセルした。2年半に及ぶ闘病生活の末、2003年1月11日、山口県岩国市内の病院で死去[5]。56歳没。

人物[編集]

声優としては深みのある美声で、正義派から悪役までこなす本格派であった。

声優業を始めたのが40代頃と比較的遅かったにも関わらず、佐古よりも早く声優業を始めていたベテラン声優と同等の技術を求められてしまった事から、娘が声優業を始めた所「まだ、早い、芝居の基礎も出来ていないのに、声の仕事をすることはすごく危険だ」と困惑したという[6]

身長168cm。体重62kg。趣味はフルート、特技は剣道(4段)[3]

文学座の女優、声優として活動する佐古真弓は長女[7]

後任[編集]

佐古の死後、持ち役を引き継いだ声優は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ [編集]

  • マジカル頭脳パワー!! / マジカルミステリー劇場 第45話「パリ画伯の謎」(1992年、NTV) - 坂口清(整形後)、沢村真一郎

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

1984年

1997年

1998年

1999年

OVA[編集]

2000年

劇場アニメ[編集]

1999年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

ゲイリー・オールドマン

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

人形ショー[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『声優名鑑』、461頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b 佐古正人(さこまさと)の解説”. goo人名事典. 2020年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 佐古正人”. Geinou-Net. 日本ナレーション演技研究所. 2007年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  4. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、126頁。ISBN 4-87376-160-3。
  5. ^ 佐古正人氏死去 俳優 - 47News。2013年4月17日閲覧。
  6. ^ 娘のインタビューより
  7. ^ http://www.fukikaeru.com/?p=8300
  8. ^ ワイルド・ワイルド・ウエスト”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月26日閲覧。