佐多久孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐多久孝
時代 江戸時代前期
生誕 寛永5年1月10日1628年2月14日
死没 明暦2年4月9日1656年5月3日
改名 長寿丸(幼名)→久孝
別名 通称:又四郎
戒名 家岳栄仙大居士
墓所 鹿児島県南九州市知覧町郡の島津墓地
主君 島津家久光久
薩摩知覧私領主
氏族 佐多氏
父母 父:佐多忠治、母:島津久元長女
養子:久利肝付兼屋三男)

佐多 久孝(さた ひさたか)は、江戸時代前期の薩摩藩士。佐多氏14代当主。

生涯[編集]

寛永15年(1638年)、島津家久の葬儀の際に北郷久直と共に棺を担いだ。明暦2年(1656年)4月9日没、享年29。

家督は養子・久利が相続した。

参考文献[編集]

  • 『知覧郷土史』