佐富女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

佐富女王(さとみのひめみこ / さふのひめみこ / さほのひめみこ、生没年不詳)は、飛鳥時代皇族。父は田目皇子、母は穴穂部間人皇女[1][2]。穴穂部間人皇女は田目皇子の父用明天皇の皇后であり、用明天皇の崩御後に田目皇子と再縁し、佐富女王を産んだことになる。

聖徳太子の異母兄の娘かつ異父妹にあたる。

甥であり、従兄弟に当たる長谷王聖徳太子膳部菩岐々美郎女の子)と結婚し、葛城王・多智奴女王を産む[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『上宮聖徳法王帝説』に「聖王庶兄多米王 其父池邊天皇(用明天皇)崩後 娶聖王母穴太部間人王生児 佐富女王也」とある
  2. ^ 『聖徳太子平氏伝雑勘文』 上ノ三 上宮太子御子孫竝后等事条 所引にある『上宮記』に「多米王 父用明 母蘇我女也 父天皇崩後 娶庶母間人孔部王生兒 佐富女王 一也」とある
  3. ^ 『聖徳太子平氏傳雑勘文』下ノ三 上宮太子御子孫竝后等事条 所引にある『上宮記』に「長谷部王 娶姨佐富女王生兒。葛城王、多智奴女王 二王也」とある