佐山和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐山 和夫(さやま かずお、1936年8月18日 - )は、和歌山県出身の作家ノンフィクション作家和歌山県田辺市在住。

経歴[編集]

慶應義塾大学文学部英米文学科卒業。会社員、和歌山県立田辺高等学校などの公立高校の英語教師をへて、独立して「田辺イングリシュアカデミー」を開く。アメリカ野球学会(SABR)、スポーツ文学会(SLA)に所属。第3回潮ノンフィクション賞、1984年度和歌山県文化奨励賞、2018年度和歌山県文化功労賞、第4回ミズノスポーツライター賞、ジョセフ・アストマン賞、アメリカ野球学会のトウィード・ウエッブ賞などを受賞。初代アメリカ野球学会会長のクリフォード・カックラインとは親友である。

著書[編集]

  • 『サンフランシスコ : 旅の中の旅』(三修社, 1983年)ISBN 4384069847
  • 『史上最高の投手はだれか』(潮出版社, 1984年)ISBN 9784267010316
  • 『ヒーローの打球はどこへ飛んだか : a hero's legacy』(テイビーエス・ブリタニカ, 1986年)ISBN 4831901377
  • 『黒きやさしきジャイアンツ』(ベースボール・マガジン社, 1986年)ISBN 4583025807
  • 『アメリカ皇帝になった男の話』(潮出版, 1987年)ISBN 4267011729
  • 『我が名はケンドリック』(講談社, 1991年)ISBN 4-06-205195-8
  • 『野球とクジラ : カートライト・万次郎・ベースボール』(河出書房新社, 1993年)ISBN 4309008305
  • 『黒人野球のヒーローたち : 「ニグロリーグ」の興亡』(中央公論社, 1994年)ISBN 4121011767
  • 『早慶レガッタの午後』[1](ベースボール・マガジン社, 1994年)ISBN 4583031645
  • 『二つのホームベース:白球が知る日系二世戦争秘話』(河出書房新社, 1995年)ISBN 4309009913
  • デイマジオモンロー:運命を決めた日本での二十四日間』(河出書房新社, 1995年)ISBN 430901027X
  • 『「ジャップ・ミカド」の謎:米プロ野球第一号を追う』(文藝春秋, 1996年)ISBN 4163515208
  • 『59歳のドジャースキャンプ体験記』(小学館, 1996年)ISBN 4093871973
  • 赤瀬川隼佐瀬稔と共著『すばらしきアメリカ野球:野球をこよなく愛する男たちが語る』(ベストセラーズ, 1997年)ISBN 9784584182826
  • 『野球からみたアメリカ』(丸善, 1997年)ISBN 4122040973
  • 『ベースボールと日本野球:打ち勝つ思考、守り抜く精神』(中央公論社, 1998年)ISBN 4121014324
  • 『20世紀最高のスポーツマンは誰か』(小学館, 1998年)ISBN 4094164014
  • 『野球はなぜ人を夢中にさせるのか:奇妙なゲームのルーツを訪ねて』(河出書房新社, 2000年)ISBN 4309013481
  • 『ヒーローの打球はどこへ飛んだか:ロベルト・クレメンテの軌跡』(報知新聞社, 2001年)ISBN 4831901377
  • 『メジャー・リーグを100年分楽しむ』(河出書房新社, 2001年)ISBN 4309014232
  • 『明治五年のプレーボール:初めて日本に野球を伝えた男 -ウィルソン』(日本放送出版協会, 2002年)ISBN 4140807113
  • 『野球とアンパン:日本野球の謎カウント・コール』(講談社, 2003年)ISBN 4061496662
  • 松井秀喜の「大リーグ革命」』(講談社, 2003年)ISBN 4062567431
  • 『野球の英語A to Z:佐山和夫が語るアメリカ野球用語』(三修社, 2003年)ISBN 4384051778
  • 『野球、この美しきもの。:アメリカン・ベースボールと秋田野球』(ブックダム, 2005年)ISBN 4880651419
  • 『日米野球裏面史:美少女投手から大ベーブルースまで』(日本放送出版協会, 2005年)ISBN 4140810653
  • 『大リーグが危ない』(新潮社, 2006年)ISBN 4103006110
  • 『野球とシェークスピアと』(論創社, 2007年)ISBN 9784846003449
  • 『日本野球はなぜベースボールを超えたのか:「フェアネス」と「武士道」』(彩流社, 2007年)ISBN 9784779112805
  • レッドソックスはなぜ松坂投手をとったのか:ヤンキースとの終わりなき闘い』(三修社, 2007年)ISBN 9784384023640
  • 『野球場で、観客はなぜ「野球に連れてって」を歌うのか?:野球の七不思議を追う』(アスキー, 2007年)ISBN 9784756150455
  • 『Babe Ruth at 100』共著 (Robert Keane編 AMS press,2008)
  • 『大リーグ・フィリーズ10, 000敗:"友愛の町"球団が負けても負けても愛されるわけ』(志學社, 2008年)ISBN 9784904180020
  • 『大リーグを超えた草野球:サッチとジョシュの往くところ』(彩流社, 2008年)ISBN 9784779113543
  • 『ベースボール聖地物語.1:バットとボールのある風景』(響文社, 2009年)ISBN 9784877990572
  • 『古式野球 : 大リーグへの反論』(彩流社, 2009年)ISBN 9784779114410
  • 『わが名はケンドリック:来日米人第一号の謎』(彩流社, 2009年)ISBN 9784779114892
  • 『NHKが今すぐすべきこと : 小学校で英語が始まる時代に』(彩流社, 2011年)ISBN 9784779116063
  • 『野球とニューヨーク : 黒い球運を生んだ移民都市』(中央公論新社, 2011年)ISBN 9784120042621
  • 桑田真澄と共著『野球道』(筑摩書房, 2011年)ISBN 9784480066152
  • 『箱根駅伝に賭けた夢「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡』(講談社, 2011年) ISBN 9784062173896
  • 桑田真澄との共著『スポーツの品格』(集英社, 2013年)ISBN 9784087207101
  • 『ペリーより62年も前にーケンドリックはなぜ日本に来たのか』(彩流社, 2015年)ISBN 9784779120626
  • 『1935年のサムライ野球団-裏ワールド・シリーズに挑んだニッポニーズ』(KADOKAWA, 2015年)ISBN 9784041033906
  • 『史上最高の投手はだれか<完全版>』(潮出版社, 2017年)ISBN 9784267020872
  • 『オリンピックの真実ーーーそれはクーベルタンの発案ではなかった』True Stories of Olympic Games ISBN 9784267021084
  • 金栗四三 消えたオリンピック走者』(潮出版社, 2017年)ISBN 9784267021176
  • 金栗四三 消えたオリンピック走者』 文庫本(潮出版社, 2018年)ISBN 9784267021602
  • 『Gentle Black Giants: A History of Negro Leaguers in Japan』 (Nbrp Press, 2019年)ISBN 9780578501338

翻訳書[編集]

  • ヘンリー・アーロン『ハンク・アーロン自伝』(講談社, 1993年)ISBN 4062063654
  • サチェル・ペイジ『伝説の史上最速投手:サチェル・ペイジ自伝 上・下』(草思社, 1995年)ISBN 4794206410 ISBN 4794206429
  • ロジャー・カーン『夏の若者たち:青春編』(ベースボール・マガジン社, 1997年)ISBN 4583034288
  • リチャード・ルーツインガー『伝説のレフティー・オドール』(ベースボール・マガジン社, 1998年)ISBN-13 4583035578

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 結末部文を事実と異なる形にしている。

関連項目[編集]