佐島直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐島 直子(さじま なおこ、1955年6月19日 - 2017年3月10日[1])は、日本の国際政治学者、元専修大学経済学部教授。専門は国際政治学アジア太平洋の安全保障、同盟関係、戦略文化論)。

人物[編集]

お茶の水女子大学附属小・中・高等学校を卒業。1978年上智大学法学部卒業後、防衛庁に入庁。1993年青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。防衛庁国際室渉外専門官、防衛研究所第2研究部第3研究室主任研究官、オーストラリア国立大学戦略・防衛研究大学院客席研究員、ヴィクトリア大学ウェリントン校戦略研究センター特別研究員を歴任し、現職。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[2]。日本ニュージーランド学会副会長、および同会事務局長、理事を務めた。[3] 2013年1月27日、不慮の事件で急逝した消費者庁審議官神宮司史彦の実姉。元カリスマ東大生・神宮司彩は実姪。 2005年、『現代安全保障用語事典』の編集代表として、第15回コムソフィア賞を受賞。専修大学では相撲部部長も務めた。[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『安全保障ってなんだろう』(勁草書房,2011年)
  • 『誰も知らない防衛庁――女性キャリアが駆け抜けた、輝ける歯車の日々』(角川書店[角川Oneテーマ21], 2001年)
  • 『国際安全保障論I ――転換するパラダイム』(内外出版, 2007年)

共著[編集]

  • Japanese Sea Power (Canberra: Sea Power Centre, Australia, 2009)
  • 『国際安全保障論II―アジア・太平洋の戦略文化―』(内外出版, 2010年)

編著[編集]

論文[編集]

  • 「ANZUS危機と同盟関係」『青山国際ビジネス紀要』2号(1994年)
  • 「冷戦の終焉と地域主義への転換――ANZUSの場合」『国防』1994年4月号
  • 「五ヶ国防衛取極の今日的意義」『外交時報』1995年10月号
  • 「軍隊の平和的役割に関する一考察――ニュージーランド軍の戦力組成が示唆するもの」『波涛』1996年5月号
  • 「ニュージーランド軍の戦力組成とその平和的な役割」『日本ニュージーランド学会誌』2号(1996年)
  • 「『日米安全保障共同宣言』に対する内外の反応とその背景」『防衛研究』2巻2号(1996年)
  • 「何故、協定は結ばれたか?――豪州・インドネシア安保協定締結までの軌跡」『外交時報』1996年11・12月合併号
  • 「日豪関係の史的展開――安全保障の視点から」『波涛』1997年1月号
  • 「変容するANZUS同盟――『南北の錨』の将来を探る」『国際問題』446号(1997年5月)
  • 「ニュージーランドの平和・安全保障問題」日本ニュージーランド学会編『ニュージーランド入門』(慶應義塾大学出版会, 1998年)
  • "A Northeast Asian Nuclear Weapon-Free Zone: A Japanese perspective" in Rumesh Thakur ed., Nuclear Weapons-Free Zones (London: MacMillan, 1998).
  • "New Zealand's Priorities: How to evolve its security roles?"『日本ニュージーランド学会誌』6号(1999年)
  • 「非核地帯――その思想と現実」『防衛研究所紀要』2巻3号(1999年)
  • "Japan: Strategic Culture at a Crossroads" in Ken Booth and Russell Trood eds., Strategic Cultures in the Asia-Pacific Region (London: MacMillan, 1999).
  • "Japan-New Zealand Mutual Awareness" in Roger Peren ed., Japan and New Zealand 150 Years (Tokyo: Ministry of Foreign Affairs, 1999).
  • 「非核政策の法制化――ニュージーランドのケース」『日本ニュージーランド学会誌』7号(2000年)
  • 「バーナード・フライベルグ――第二次世界大戦でニュージーランドの名誉を回復」ニュージーランド研究同人会編『ニュージーランドの思想家たち』(論創社, 2001年)
  • 「東アジア・太平洋の戦略環境と同盟関係――日豪の比較を中心に」『専修大学社会科学研究所月報』461号(2001年)
  • 「東アジアの地域化と日本の『安全保障対話・防衛交流』」山影進編『東アジア地域主義と日本外交』(日本国際問題研究所, 2003年)
  • 「『テロ』対策の法制化――ニュージーランドのケース」石川明編『国際経済法と地域協力』(信山社, 2004年)
  • 「ニュージーランドの『改革』と三重県」『専修大学社会科学研究所月報』第495・496合併号(2004年)
  • 「ニュージーランドの『テロ』対策――政策から法へ」『日本ニュージーランド学会誌』12号(2005年)
  • 「『戦略文化』論からみた『現代中国』」専修大学社会科学研究所編『中国社会の現状』(専修大学出版会, 2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 「【おくやみ】 佐島直子さん 専修大教授、国際政治」東京新聞』 2017年3月14日(2017年3月16日確認)
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]