佐村浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐村 浩之(さむら ひろゆき)は、日本の裁判官。東京地方裁判所部総括判事。新司法試験委員(環境法)。東京大学卒業。

経歴[編集]

主な裁判[編集]

  • 2005年9月の奥入瀬渓流落枝訴訟で原告の訴えを認め、林野庁と青森県に賠償を命じる。
  • 2007年3月14日 - 立正佼成会附属佼成病院に勤務していた小児科医の自殺労働災害と認定し、労災と認めなかった新宿労働基準監督署の処分を取り消した。
  • 2007年6月20日 - 都立高校の教諭が、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱しなかったことを理由に、定年後の再雇用を取り消された件で、斉唱を命じた校長の職務命令を合憲と判断。命令に反した原告を再雇用しなかったのは、東京都教育委員会の裁量の範囲内で適法として、請求を棄却した。