佐波村 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐波村
廃止日 1956年9月26日
廃止理由 合併
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
面積 5.23km2.
総人口 2,778
(柳津町誌、1956年)
隣接自治体 岐阜市羽島市
稲葉郡日置江村
羽島郡柳津村
佐波村役場
所在地 岐阜県稲葉郡佐波村佐波4446
 表示 ウィキプロジェクト

佐波村(さばむら)はかつて岐阜県稲葉郡に存在したである。稲葉郡の南端に位置し、旧柳津町の西部(境川西岸)である。

羽島郡柳津村(即日町制施行で柳津町)へ合併後、2006年(平成18年)1月1日岐阜市に編入された。

歴史[編集]

  • 江戸時代、この地域(佐波村、高桑村)は厚見郡であり、加納藩領であった。
  • 1628年寛永5年) - 佐波村が上佐波村と下佐波村に分立する。下佐波村は後に下佐波村南組[1]と下佐波村北組[2]に分立する。
  • 1711年正徳元年) - 上佐波村から中佐波村が分立する。
  • 1871年明治4年) - 下佐波村南組と下佐波村北組が合併し、下佐波村となる。
  • 1872年(明治5年)7月5日 - 上佐波村、中佐波村、下佐波村が合併し、佐波村になる。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制により佐波村が発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日[3] - 厚見郡、各務郡方県郡の一部が合併し、稲葉郡となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 佐波村、高桑村が合併し、佐波村になる。
  • 1956年昭和31年)9月26日 - 羽島郡柳津村と合併し、即日町制施行。羽島郡柳津町になる。

交通機関[編集]

  • 近畿日本鉄道岐阜線では佐波村に駅の建設が予定されていたが、岐阜線自体が幻の路線となり、実現されなかった。

小・中学校[編集]

出身人物[編集]

名所・史跡[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 領毛、坂巻
  2. ^ 山、川原、北屋敷
  3. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

関連項目[編集]