佐渡空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
佐渡空港
Sado Airport
Sado Airport Terminal.JPG
IATA: SDS - ICAO: RJSD
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 新潟県佐渡市
種類 商業
運営者 新潟県
運用時間 8:45 - 17:15
標高 27 m (88 ft)
座標 北緯38度03分36秒 東経138度24分50秒 / 北緯38.06000度 東経138.41389度 / 38.06000; 138.41389座標: 北緯38度03分36秒 東経138度24分50秒 / 北緯38.06000度 東経138.41389度 / 38.06000; 138.41389
地図
佐渡空港の位置
佐渡空港の位置
SDS
佐渡空港の位置
佐渡空港の位置
SDS
佐渡空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
10/28 NO 890×25 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

佐渡空港(さどくうこう、: Sado Airport)は、新潟県佐渡市佐渡島)にある地方管理空港である。現在、定期便の就航は無い。

概要[編集]

佐渡島北東部の国仲平野に位置し、佐渡市の中心部からは南西約4kmの地点にある。北方には標高1,172mの北金山を頂点とする大佐渡連峰、南方には標高645m級の小佐渡連山を眺望することができる。

現空港の総面積は147,980m2[1]。滑走路の長さは890m、幅25m[1]

滑走路距離が短いために離着陸できる機材が限られていることから、新潟県ではリージョナルジェットボーイング737級が離着陸可能な2000メートル滑走路を備えた拡張整備事業を進めている[2][3]。新滑走路は現滑走路の東をかすめる形で概ね南西から北東方面に向かって設置される計画となっている。

2021年の時点で、トキエア新潟空港との間で路線開設の計画を発表している[4]。機材は短距離離着陸 (STOL) 性能向上型のATR42-600Sを用い、早ければ2022年度にLCCを運航する計画である。

沿革[編集]

佐渡空港付近の空中写真。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。1976年撮影の6枚を合成作成。

施設[編集]

就航路線[編集]

2011年(平成23年)2月15日に、新潟県、佐渡市、鹿児島県の新日本航空の三者による合意があり、2011年7月29日から新日本航空による新潟空港とを結ぶ空路が1日4往復(冬季は3往復)で再開した[7][8][9][10][11]。ただし、再開初日は悪天候のため、すべての便が欠航した[12]。その後、2014年3月31日から体制整備を理由に無期限で運休に入ると共に、翌月には新潟運航所を閉鎖した。

アクセス[編集]

  • 乗合タクシー
    新潟発佐渡着の便を利用する場合、新潟空港で搭乗手続きの際に新日本航空の係員に利用予約する旨を申し出ると、佐渡空港到着後に待たずに乗車できる。佐渡空港到着後の利用予約も可能だが配車の都合上、待ち時間が生じる場合がある。
    運行コースは両津港佐渡汽船ターミナル前、佐渡総合病院経由 佐渡市役所、トキの森公園の3コースで、ルート途中での降車も可能。
  • 両津港からタクシーで約10分
  • 両津港佐渡汽船ターミナル(両津埠頭バス停)から新潟交通佐渡バス「1【本線】佐和田・相川」行で「秋津」下車後徒歩約10分
  • 両津港から国道350号新潟県道282号佐渡空港線経由で車で約10分

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]