佐瀬勇次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 佐瀬勇次 名誉九段
名前 佐瀬勇次
生年月日 (1919-03-17) 1919年3月17日
没年月日 (1994-03-25) 1994年3月25日(75歳没)
プロ入り年月日 1944年10月1日(25歳)(四段)
棋士番号 41
出身地 千葉県山武郡松尾町(現・山武市
師匠 石井秀吉七段
段位 名誉九段
戦績
2017年8月22日現在

佐瀬 勇次(させ ゆうじ、1919年3月17日 - 1994年3月25日)は、将棋棋士千葉県山武郡松尾町(後の山武市)出身。石井秀吉七段門下。1990年引退。棋士番号41。

人物[編集]

米長邦雄ら、多数の弟子を持つことで知られ、名伯楽との評価が高い。戦前のアマ名人戦の県代表となる。1938年入門。軍隊生活を経験し、復帰後の1944年に四段となる。1946年より順位戦に参加。1974年日本将棋連盟専務理事。現役生活44年間対局不休、無遅刻の記録を続けながら1990年3月に引退。生涯成績は458勝599敗。1994年3月、尿毒症のため死去。享年75。

盤上では目立った実績はなく、内弟子の米長邦雄が、家の雑用などをしたときのご褒美の対局を「お断りします。師匠と指したら、師匠の癖がつき、師匠どまりの棋士になる」と拒否して、げんこつを食らったという逸話もある[1]。また「私が今日あるのは佐瀬先生に一局も教わらなかったから」とも言っていた。しかし師匠としては人望手腕ともに卓越しており、米長は「師匠どまりになる」と言ってげんこつを食らった逸話について「しばらくして『考えたら、お前の言うとおりだ』言われた」と明かしており「破門だ、出ていけ」と弟子に言わなかったのは名伯楽だとして深く敬っていた。

米長邦雄・丸山忠久と二人の名人の師匠となったが、これは近代将棋史上木見金治郎大山康晴升田幸三の師匠)と佐瀬のみの記録である。

妻との間に3女をもうけた。娘の1人は弟子の沼春雄と結婚し、沼は佐瀬家の婿養子となった。故に沼の戸籍上の本名は「佐瀬春雄」であり、「沼春雄」は将棋棋士としての名前(いわば登録名)であるといえる。

主な門下生[編集]

棋士[編集]

女流棋士[編集]

昇段履歴[編集]

棋歴等[編集]

  • 1990年、将棋大賞東京将棋記者会賞
  • 1993年、勲五等双光旭日章 叙勲

主な著書[編集]

  • 初歩将棋入門 この本だけで完全にマスターできる!(1979年、日本文芸社、ISBN 4-537-00169-0)
  • 一人で楽しめる詰将棋100題(1992年9月、日本文芸社、ISBN 4-537-01577-2)

脚注[編集]

関連項目[編集]