佐田岬半島宇和海県立自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

佐田岬半島宇和海県立自然公園(さだみさきはんとううわかいけんりつしぜんこうえん)は愛媛県指定の自然公園で、1965年(昭和40年)10月15日に指定された。面積は10,724ha(陸上517ha、海域10,207ha)。所在地は八幡浜市伊方町西予市。愛媛県の県立自然公園では唯一、海域を含む自然公園である。

日本随一の細長い半島である佐田岬半島と、宇和海北部一帯の島しょ、沿岸部の一部を含む愛媛県西南部の地域で、東西約50km、南北約25kmである。

この公園の自然公園としての価値は、佐田岬半島の海蝕景観と展望良好地点、並びに宇和海北部の典型的なリアス式地形を示す海岸と多島、海崖などの海洋景観である。