佐竹海莉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さたけ かいり
佐竹 海莉
プロフィール
本名 非公開
性別 女性
出生地 日本の旗 日本
誕生日 3月20日
血液型 A型
身長 169cm
職業 声優ナレーター
事務所 東京俳優生活協同組合
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

佐竹 海莉(さたけ かいり、3月20日 - )は、日本女性声優ナレーター東京俳優生活協同組合所属。血液型A型[1]。身長169cm。

概要・来歴[編集]

  • ピアニストだった叔母の影響で、幼稚園よりピアノを始めた。小学校に進学すると、水泳書道、英会話、クラシックバレエを習い、一日も休みがないという多忙な生活を卒業まで続ける。中学、高校は陸上部に入部し、100Mハードルで全国大会に出場する活躍をみせる。この頃より、得意のダンスを生かし、ダンス公演やオペレッタのダンサーなどで舞台に出演し始める。大学に進学するとを専攻、且つ作詞作曲をしながらピアノの弾き語りのアルバイトをする。その後、アクションスタントを主に活動する芸能プロダクションである「倉田アクションクラブ」(TAC)に入ってトレーニングを積み、漠然とアジアで仕事をしたいという夢を持つようになる。その夢を叶えるべく、意を決して 1999年香港に向かう。現地で日本語教師通訳などをしながら広東語を学び、二年後上海へ渡る。上海では大学に通いながら北京語を学び、2004年に日本へ帰国。俳協ボイスアクターズスタジオに第28期生として入所し、東京俳優生活協同組合への正式所属を果たした。通訳レベルの英語・北京語と、日常会話レベルの広東語という特技を活かして、海外ドラマの吹き替えやナレーション活動を積み重ね、現在では情報番組のナレーション等でレギュラー出演している。声の仕事以外にも、 劇団アニマル王子 を初めとした数々の劇団に様々な作品で客演している。過去には、吉祥寺にあるライブハウス「曼荼羅」にて、朗読ライブの演目で不定期に出演していた。

特色[編集]

  • 声質はアルトで、[2]主にスポーツ番組・ドキュメンタリー番組・ニュース番組のナレーションを担当する。幅広い年齢・様々な性格の女性役をこなすだけでなく、男性の声質も出せるので一人芝居を行うことができる[3]。日本語・英語・中国語(北京語+広東語)のトリリンガルでることを活かし、中国人の役柄も担当することもあるが、日本人離れした容姿から、外国籍(中国など)の人からネイティブの言語で話しかけられる事が少なくない[4]。無類のゲーム好きであり、特にモンハンをこよなく愛する。ヘビィボウガン使いらしい。好みの男性は「ふんどしの似合う男性」とのこと[5]

人物[編集]

語学[編集]

[6]

  • 北京語(HSK6級、日本語への通訳翻訳可能)
  • 英語(日本語への通訳、翻訳可能)
  • 広東語(日常会話レベル)

特技・特徴[編集]

  • 中国拳法八極拳
  • クラシックバレエ
  • ジャズダンス
  • ピアノでの弾き語り
  • 楽器が得意な弟が一人いる。姉弟でバンドを組める腕前。
  • 自身の Twitter アカウントで、母親の行動をおもしろ可笑しく投稿することが多い。

出演作品[編集]

ナレーション[編集]

NHK

NHK教育

NHK BS

フジテレビ

テレビ朝日

日本テレビ

テレビ東京

CM

その他

  • JAXA Youtube公式 JAXA Channel 宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)2号機〜宇宙船が運ぶ未来〜
  • JRA「ブエナビスタ写真集&DVD 〜頂上からの絶景〜」

映画

  • ホッパーレース 〜ウンカとイネと人間と〜

吹き替え[編集]

フジテレビ

SKY PerfecTV!

映画

海外ドラマ

アニメ[編集]

インターネットラジオ[編集]

TVドラマ[編集]

舞台[編集]

劇団 アニマル王子

  • 第9回公演「元禄ハムレット」("瑠璃姫" 役:2008年 5月2日 - 5月4日 武蔵野芸能劇場)
  • 第10回公演「近松 ジュリエット女庭訓」("お初" 役:2008年 9月26日 - 9月28日 武蔵野芸能劇場)
  • 第11回公演「千年回廊 -千年百年君想う事限りなく-」("椿" 役:2009年 7月2日 - 7月7日 武蔵野芸能劇場)
  • 第12回公演「閃華:夏の夜の夢 -咲き誇る華は蘭麝のごとく-」("蛇油汰姫" 役:2009年 12月17日 - 12月20日 武蔵野芸能劇場)
  • 第13回公演「黒塚マクベス」("眞久部夫人" 役:2010年 9月19日 - 9月19日 築地本願寺ブディストホール, 11月20日 - 11月21日 佛教大学宗教文化ミュージアム)
  • 第14回公演「13日間の罪と罰」("水船靖恵" 役:2011年 6月16日 - 6月20日 武蔵野芸能劇場)
  • 第16回公演「五右衛門 -分け与える愛の為に-」("赤薔薇 杏" 役:2012年 9月21日 - 9月25日 武蔵野芸能劇場)

なぎプロダクション

  • 旗揚げ記念講演「新説『おばこ旅館物語』かたくりの花編」("渚ミカ" 役:2008年 11月5日 - 11月9日 築地本願寺ブディストホール)

朗読(題目リスト)

その他

  • 月蝕歌劇団 12月公演「人力飛行機ソロモン -劇場版-」("トレンチコートの男" 役:2012年 12月22日 - 12月25日 南阿佐ヶ谷 ひつじ座)
  • "太。ちょい" season4「アバレアン☆ナイト」("コラマ・テー" 役:2012年 4月13日 - 4月15日 下北沢 しもきた空間リバティ)
  • 演劇集団"はなムスび" 第3回公演「腹腹ボレロ」("カイリ" 役:2009年 4月10日 - 4月12日 王子 pit北/区域)
  • 朗読集団"TelleresDREI" 第3回公演「jack'n JACK」("セラ" 役:2008年 7月9日 新宿ゴールデン街劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ babycatのプロフィール”. 2012年10月23日閲覧。
  2. ^ 所属事務所のプロフィール
  3. ^ 朗読、及び『癒しの香ギャラリー』内のコーナー「佐竹の小芝居」にて
  4. ^ 『癒しの香ギャラリー』でのトークにて
  5. ^ 『癒しの香ギャラリー』でのトークにて
  6. ^ 所属事務所のプロフィール
  7. ^ GODZILLA ゴジラ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月5日閲覧。
  8. ^ ANNIE/アニー”. ふきカエル大作戦!! (2015年1月23日). 2017年5月6日閲覧。
  9. ^ 明日29日より”. Web. 2015年9月29日閲覧。
  10. ^ 2013年12月12日(木)に神山健治監督のオリジナルアニメーションが公開!”. アニメイトTV. 2013年12月3日閲覧。

関連項目[編集]