佐竹義命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹 義明
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文7年(1667年
死没 享保11年(1726年
改名 義福(初名)→義明
別名 又四郎、左衛門、主計(通称)
主君 佐竹義処義格義峯
出羽国久保田藩角館所預
氏族 佐竹北家
父母 父:佐竹義明、母:西郊実号の娘
正室:佐竹義秀の長女、継室:佐竹義秀の次女
義拠、娘(岡本元智室)

佐竹 義命(さたけ よしかた)は、佐竹氏一門の佐竹北家第10代当主。佐竹北家角館第3代所預。公家高倉家出身の祖父義隣や、三条西家出身の母の影響を受けた教養人で、子孫も代々書画や俳諧、和歌に秀でた当主を輩出した。  

生涯[編集]

寛文7年(1667年)、佐竹義明の長男として生まれる。貞享4年(1687年)、東山天皇の即位式の祝賀使を父義明と共に務めて上洛し、親戚の公家衆と交流した。元禄12年(1699年)、父の死去により家督を相続する。藩主佐竹義格に仕え、銀山開発等にあたった。宝永元年(1704年)、幕府御目付衆が角館を巡見した際にその饗応にあたる。享保11年(1726年)死去、享年60。家督は嫡男の義拠が相続した。

参考文献[編集]

  • 林正崇『図説・角館城下町の歴史』無明舎出版、1982年