佐竹義喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐竹 義喬(さたけ よしたか、生没年不詳)は、日本の戦国時代武将家系清和源氏の一家系・河内源氏新羅三郎義光の孫・佐竹昌義を祖とする佐竹氏常陸国戦国大名佐竹氏の一門。佐竹東家の当主佐竹義堅嫡男佐竹義久の兄。通称は九郎。東義喬とも。

経歴[編集]

永禄9年(1566年)に父の後を継ぎ佐竹東家3代当主として、陸奥南方面の総指南役となる。嫡子が無かったので、弟の義久を継嗣として佐竹東家を継がす。元亀3年(1572年)頃に没した。

脚注[編集]

[ヘルプ]