佐竹義敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹義敏
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年1月13日1726年2月14日
死没 宝暦13年3月2日1763年4月14日
別名 求馬(通称
官位 従四位下修理大夫
出羽岩崎藩世嗣
氏族 佐竹氏
父母 佐竹義道佐竹義長娘・昆
兄弟 義明義敏義忠蜂須賀重喜
松平直道正室
佐竹義智
木暮氏
義祇
テンプレートを表示

佐竹 義敏(さたけ よしとし)は、江戸時代中期の出羽国岩崎藩(秋田新田藩)の世嗣。通称は求馬。

略歴[編集]

2代藩主・佐竹義道の次男として誕生。母は初代藩主・佐竹義長の娘・昆。

兄・義明佐竹義峯の婿となって末期養子として本藩・久保田藩を継いだため、岩崎藩嫡子となった。しかし、家督を継ぐことなく宝暦13年(1763年)3月2日(あるいは2月29日)に38歳で死去した。

嫡子の座は弟・義忠が継承し、3代藩主となった。

系譜[編集]