佐竹義斯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐竹 義斯(さたけ よしつな/よしこれ、天文14年(1545年) - 慶長4年4月18日1599年6月10日)は日本の戦国時代の武将で、常陸戦国大名佐竹氏の一族。佐竹北家第4代当主。佐竹義廉の嫡男。通称は又七郎。官途名は左衛門尉。北義斯とも。佐竹義憲の父。

一族の重鎮として主に豪族や家臣の統制などに尽力した。主な事跡としては、出奔した和田昭為の一族の仕置きや、小田氏治追放後の小田城代などがある。また那須氏との和睦を成立させるなど、外交面でも活躍したという。55歳で死去。法名、月叟賢哲。

義斯の死去の翌々日には嫡男の義憲も死去したため、孫にあたる義廉が第6代当主となった。

参考文献[編集]

  • 原武男・編『新編佐竹氏系図』加賀谷書店(1973年)
  • 渡辺喜一・編『新編佐竹七家系図』加賀谷書店(1993年)