佐竹義方 (西家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐竹 義方(さたけ よしかた、天和3年(1683年) - 宝永7年(1710年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第5代所預。

父は東家佐竹義秀。養父は西家佐竹義武。養子は佐竹義村。幼名は亥之助。通称は六郎。

経歴[編集]

天和3年(1683年)、東家佐竹義秀の五男として生まれる。元禄9年(1693年)、西家佐竹義武が継嗣の無いまま没したため、藩主佐竹義格の命により、家督と遺領1万3000石のうち9000石を相続し、大館城代となる。宝永7年(1710年)死去。享年28。家督は小場処慶の長男義村が相続した。