佐竹義智 (東家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹 義智
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年(1701年
死没 明和6年(1769年
別名 山城(通称)
主君 佐竹義真義明義敦
出羽国久保田藩執政
氏族 佐竹東家
父母 父:佐竹義本
兄弟 義道義智義邦
佐竹義敏室、義武、娘(佐竹義休室)
義路、多賀谷敦候(多賀谷氏へ)

佐竹 義智(さたけ よしとも)は、佐竹氏一門の佐竹東家第11代当主。

生涯[編集]

元禄14年(1701年)、佐竹義本の子として生まれる。寛延3年(1750年)、父の隠居により家督を相続する。甥の藩主佐竹義明に執政として仕えた。宝暦7年(1757年)、藩内で銀札発行派と反対派の対立から家中騒動となり、反対派の義智と義邦は発行派に謀反を企てていると讒訴され、藩主義明に謹慎を命じられた。後に訴えが嘘だと発覚すると謹慎を解かれ、発行派が騒動を企んだとして処罰された。騒動後に褒賞として500石の加増を受けた。明和6年(1769年)に68歳で死去した。長子の義武(よしたけ)は既に死去していたために家督は当時、久保田藩重臣宇都宮家当主であった次男義路(初め宇都宮武綱)を貰い返して養子となって相続した。