佐竹義生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐竹義生

佐竹 義生(さたけ よしなり、慶応3年7月7日1867年8月6日〉 - 大正4年〈1915年2月22日)は、明治時代の華族佐竹義堯の次男。生母は大塚氏(側室)。佐竹宗家33代当主。爵位は侯爵。幼名、鈷丸。姉妹に雅子(佐竹義脩正室)、鐶子(佐竹義理正室)がいる。号は秋竹。妻は祚子(徳大寺実則娘)。子女は佐竹義春(よしはる)、佐竹義行(よしゆき)、佐竹義通(よしみち、佐竹義種養子)、佐竹義勝(よしかつ、佐竹義通養子)、佐竹義心(よしのり)、涼子、静子(伊藤次郎左衛門妻)、松平忠宏(ただひろ、松平忠礼の甥・忠正の養子)。

生涯[編集]

明治5年1872年)10月14日、義兄佐竹義脩の養子となる。明治11年(1878年)1月、従五位を与えられる。その後、従二位まで昇る。明治14年(1881年)12月、父義堯の嫡子となる。明治15年(1882年)、学習院初等学科に入学する。明治17年(1884年)12月、父義堯の死去により、家督を相続する。明治25年(1892年)6月、満25歳に達し貴族院侯爵議員に就任[1]。侯爵であることから、死亡するまで在職した。同年、久保田城の公園が秋田県へ移管された際に「千秋公園」と名づけた。明治30年に創立された秋田県育英会の総裁に就任した[2]田沢疏水事業にも尽力した。大正4年(1915年)2月21日に従二位に叙せられ、翌日に没した。家督は義春が継いだ。

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2677号、明治25年6月2日。
  2. ^ 「近代の秋田」1991年、秋田魁新報社、p.115。
  3. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  4. ^ 『官報』第7653号「叙任及辞令」1908年12月28日。
  5. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  6. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

日本の爵位
先代:
佐竹義堯
侯爵
佐竹家(宗家)第2代
1884年 - 1915年
次代:
佐竹義春