佐竹義知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹義知
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 天明7年7月16日1787年8月28日
死没 文政4年7月11日1821年8月8日
改名 徳丸・亀丸(幼名)、義知
戒名 諦応道説
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺
官位 従五位下壱岐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
出羽岩崎藩
氏族 佐竹氏
父母 佐竹義祇松平親盈の娘
正室松平頼亮の娘・都子
貞、熊姫ら4女
養子義純
テンプレートを表示

佐竹 義知(さたけ よしちか)は、江戸時代中期から後期にかけての大名出羽岩崎藩5代藩主。佐竹壱岐守家5代当主。官位従五位下壱岐守

略歴[編集]

4代藩主・佐竹義祇の長男。母は能見松平親盈の娘。幼名は徳丸、亀丸。

寛政5年(1793年)11月14日、義祇の死去により家督を相続した。享和2年(1802年)10月1日、11代将軍・徳川家斉御目見する。同年12月16日、従五位下壱岐守に叙任する。文化8年(1811年)、駿府加番を命じられる。本家の藩主で幼君であった佐竹義厚をよく補佐した。画の才能にも優れた。

文政4年(1821年)7月11日、35歳で死去し、跡を養子・義純が継いだ。法号は諦応道説。墓所は東京都板橋区小豆沢の総泉寺。

系譜[編集]

子女は4女