佐竹義純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹義純
時代 江戸時代後期
生誕 享和2年(1802年
死没 安政3年11月26日1856年12月23日
改名 政之助(幼名)、義純
別名 以遠斎(号)
戒名 義純仁沢
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺
官位 従五位下壱岐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
出羽岩崎藩
氏族 佐竹氏
父母 佐竹義恭
佐竹義知
兄弟 義純佐竹義術正室
佐竹義知三女・貞
多喜、澤宣量室ら
テンプレートを表示

佐竹 義純(さたけ よしずみ)は、江戸時代後期の大名出羽国岩崎藩6代藩主。官位従五位下壱岐守。号は以遠斎。

略歴[編集]

佐竹義恭(よしゆき、3代藩主・佐竹義忠の長男)の長男。一門佐竹義術の正室となった兄弟(姉または妹)がいる。幼名は政之助。

後継者に恵まれなかった5代藩主・佐竹義知の養子になり、文政4年(1821年)9月16日に養父の死去により家督を相続した。同年9月23日、11代将軍・徳川家斉御目見する。同年12月16日、従五位下壱岐守に叙任する。若年の本家当主・佐竹義厚を補佐した。嘉永2年(1849年)10月26日、養嗣子・義核に家督を譲って隠居した。

安政3年(1856年)11月26日、死去した。享年55。法号は義純仁沢。墓所は東京都板橋区小豆沢の総泉寺。

系譜[編集]