佐竹義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹 義隆/岩城 吉隆
Satake Yoshitaka.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年1月14日1609年2月18日[1]
死没 寛文11年12月5日1672年1月4日
改名 能化丸[2](幼名)→岩城吉隆→佐竹義隆
別名 平次郎→四郎次郎[2][1]
官位 従五位下修理大夫[2]従四位下侍従[2]左近衛少将[2]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
信濃中村藩主→出羽亀田藩主→出羽久保田藩
氏族 岩城氏佐竹氏
父母 父:岩城貞隆、母:慶雲院月庭清心[1]/桂雲院月庭清心大姉[3]相馬義胤[2]
兄弟 佐竹義直(東家)室[2]義隆、天教院(黒田長興正室[2]
正室:光聚院佐竹義章の娘)
側室:多羅尾氏(隆清院)、永昌院
義寘義処、義慰、義長、亀子(黒田長興継室)

佐竹 義隆(さたけ よしたか)は、江戸時代初期の大名佐竹氏の第20代当主。出羽国久保田藩の第2代藩主。

生涯[編集]

慶長4年(1609年)、佐竹義重の三男・岩城貞隆の長男として誕生した。

元和6年(1620年)、貞隆の死去により家督を相続し、遺領である信濃国中村1万石を継いだ[4]。この時は岩城吉隆と名乗っている。元和8年(1622年)、出羽由利郡内で1万石の加増を受けた。元和9年(1623年)11月、中村の領地を収公、由利郡に替地を与えられた[5]。それに伴い由利郡亀田村に陣屋を移転した。寛永元年(1624年)12月29日、従五位下・修理大夫に叙任した。

寛永3年(1626年)4月2日、佐竹氏宗家の家督を継ぐ予定であった叔父・佐竹義直が廃嫡されたため、伯父で出羽久保田藩主・佐竹義宣の養子となり佐竹義隆と名乗る[6][7]。同年4月27日徳川秀忠家光父子に御目見した。同年8月29日、従四位下・侍従に昇進する。寛永4年(1627年)9月16日、秀忠に招かれ鍋島勝茂京極高広藤堂高次らと共に、江戸城西ノ丸にて口切の茶会に参加した[8]

寛永7年(1630年)11月、幕府からなかなか隠居を許可されない養父・義宣は、義隆に対して部屋住料5万石を与えようとするものの、従来のままで構わないとして辞退する。寛永10年(1633年)2月26日、義宣の死去により家督を相続する[9]。同年5月8日、藩主として初めて帰国の許可を得る[10]。寛文6年(1666年)12月28日、左近衛少将に昇進する。

寛文11年(1671年)12月5日、久保田城にて死去。享年63。

偏諱を受けた人物[編集]

義隆時代

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『岩城家譜』
  2. ^ a b c d e f g h 『寛政重修諸家譜』
  3. ^ 『奥相茶話記』
  4. ^ 大日本史料』第12編之34 521頁
  5. ^ 『史料綜覧』第12編之916 57頁
  6. ^ 『史料綜覧』第12編之916 117頁
  7. ^ 岩城氏の家督は叔父・岩城宣隆が継いでいる。
  8. ^ 『史料綜覧』第12編之916 158頁
  9. ^ 『史料綜覧』第12編之917 4頁
  10. ^ 『史料綜覧』第12編之917 93頁

出典[編集]

  • 『羽後亀田 岩城家譜』
  • 寛政重修諸家譜』(五百十二 岩城)
  • 『奥相茶話記』
  • 『佐竹秋田家譜』