佐脇良之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐脇良之
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀3年12月22日1573年1月25日
別名 利之、通称:藤八郎
主君 織田信長徳川家康
氏族 前田氏→佐脇氏
父母 父:前田利春(利昌)、養父:佐脇藤右衛門
母:長齢院(竹野氏)
兄弟 前田利久、前田利玄、前田安勝前田利家、女(寺西九兵衛室)、良之、女(寺西九兵衛室)、前田秀継、長久院(前田源介室、後に高畠定吉室)
大局[1]
久好(作右衛門)
女(堀江九左衛門室)、圓智院(篠原一孝室)

佐脇 良之(さわき よしゆき)は、戦国時代武将前田利家の弟。織田信長小姓衆。

生涯[編集]

尾張国海東郡荒子[2]の土豪・前田利春(利昌)の五男として誕生。佐脇藤右衛門の養子となった[3]

永禄元年(1558年)の浮野の戦いに参加し[4]、林弥七郎を討ち取る[3]

永禄3年(1560年)5月の桶狭間の戦いでは、急遽出陣した信長に岩室重休長谷川橋介山口飛騨守加藤弥三郎と共に真っ先に従った[5]。永禄年間の初めに兄・利家と共に赤母衣衆となったとされている[6]が、『信長公記』では桶狭間の頃も御小姓衆に列せられている[3]ので、その少し後か。

永禄12年(1569年)の大河内城の戦いでは、尺限廻番(さくきわまわりばん)衆を務めた[3][7]。その後、長谷川・山口・加藤と共に信長の勘気を被ったため勘当され、共に徳川家康の許に身を寄せた[3]

元亀3年(1572年)12月の三方ヶ原の戦いに参戦し、長谷川ら3人と共に討死した[8][9][3]

次女[10]は前田利家・まつ夫妻に養育され、長じて前田氏家臣の篠原一孝の正室となり、戦国女性の代表的な肖像画を妙法寺金沢市)に残した。子・久好は、良之の室が前田利次の乳母になった関係から利次に仕え、富山藩士となった。

登場作品[編集]

小説

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浅井長政の娘・淀殿の乳母の一人。
  2. ^ 愛知県名古屋市中川区荒子。
  3. ^ a b c d e f 谷口 1995, p. 194.
  4. ^ 太田牛一信長公記』 巻首 「浮野合戦の事」
  5. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻首 「今川義元討死の事」
  6. ^ 高木文書
  7. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻二 「阿坂の城退散の事」
  8. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻五 「味方か原合戦の事」
  9. ^ 負傷し、その傷がもとで没したともいう。
  10. ^ 圓智院妙浄。

参考文献[編集]