佐藤一郎 (映画プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さとう いちろう
佐藤 一郎
本名 佐藤 一郎
別名義 椿 澄夫
佐藤 信一郎
生年月日 (1913-12-25) 1913年12月25日
没年月日 (1987-10-01) 1987年10月1日(73歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市(現在の東京都
死没地 日本の旗 日本
職業 映画プロデューサー脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1949年 - 1982年
主な作品
『われ一粒の麦なれど』
駅前シリーズ
落語野郎 大脱線』脚本のみ
不毛地帯
天平の甍

佐藤 一郎(さとう いちろう、1913年12月25日 - 1987年10月1日[1])は、日本の映画プロデューサー脚本家である。第二次世界大戦後の新東宝東宝東京映画で活動した[1]。『われ一粒の麦なれど』、「駅前シリーズ」を手がけ、日本映画製作者協会(現在の日本映画テレビプロデューサー協会)の第4代理事長を歴任した[1]。脚本家としてのペンネームは椿 澄夫(つばき すみお)、佐藤 信一郎(-しんいちろう)とも名乗った[1]

人物・来歴[編集]

1913年(大正2年)12月25日東京市(現在の東京都)に生まれる[1]

早稲田大学を卒業後[1]、東宝の前身の東宝映画に入社、戦後、新東宝の設立に参加した[1]。1949年(昭和24年)、渡辺邦男監督の「渡辺プロダクション」[2]と新東宝との共同製作で、同監督の『異国の丘』を同監督とともにプロデュースし、「製作」として名を連ねる。同作は、同年4月25日に東宝の配給によって公開された。新東宝では1951年(昭和26年)まで6本を手がけた。

1954年(昭和29年)、自らがプロデュースした青柳信雄監督の映画『うれし恥かし看板娘』の脚本を椿 澄夫の筆名で書き、脚本家としてデビューした。脚本執筆作は11作ある。

1958年(昭和33年)、豊田四郎監督の映画『喜劇 駅前旅館』をプロデュースし、同作を皮切りに「駅前シリーズ」を立ち上げ[1]、全24作品、1969年(昭和44年)までつづくシリーズとなった。

1964年(昭和39年)5月、前任者の大映のプロデューサー松山英夫から引継ぎ、「日本映画製作者協会」の第4代理事長に就任した[3][4]。同年、松山善三監督の『われ一粒の麦なれど』を手がけ、第15回ブルーリボン賞企画賞を獲得した[1]

定年退職後の1973年(昭和48年)、芸苑社を立ち上げ、『恍惚の人』(1973年)、『華麗なる一族』(1974年)、『不毛地帯』(1976年)と社会派の大作映画を手がけた。

1987年(昭和62年)10月1日、死去した[1]。満73歳没。

フィルモグラフィ[編集]

新東宝[編集]

東宝[編集]

  • 『あゝ青春に涙あり』 : 監督杉江敏男、1952年
  • 『都会の横顔』 : 監督清水宏、1953年
  • 坊っちゃん』 : 監督丸山誠治東京映画、1953年
  • 『女心はひと筋に』 : 監督杉江敏男、1953年
  • 『落語長屋は花ざかり』 : 監督青柳信雄、1954年
  • 芸者小夏』 : 監督杉江敏男、1954年
  • 『夏祭り落語長屋』 : 監督青柳信雄、1954年
  • 『魔子恐るべし』 : 監督鈴木英夫、1954年
  • 『落語長屋のお化け騒動』 : 監督青柳信雄、1954年
  • 『うれし恥かし看板娘』 : 監督青柳信雄、1954年 - 脚本兼任
  • 『やんちゃ娘行状記』 : 監督渡辺邦男、1955年
  • 『花嫁立候補』 : 監督渡辺邦男、1955年
  • 『お笑い捕物帖 八ッあん初手柄』 : 監督青柳信雄、1955年 - 脚本兼任
  • 不滅の熱球』 : 監督鈴木英夫、1955年
  • 『大番頭小番頭』 : 監督鈴木英夫、1955年
  • 『渡り鳥いつ帰る』 : 監督久松静児、東京映画、1955年 - 企画
  • 芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏』 : 監督青柳信雄、1955年
  • 『旅路』 : 監督稲垣浩、1955年
  • 夫婦善哉』 : 監督豊田四郎、1955年
  • 花嫁会議』 : 監督青柳信雄、1955年 - 脚本兼任
  • 『幸福はあの星の下に』 : 監督杉江敏男、1956年
  • 『現代の欲望』 : 監督丸山誠治、1956年
  • 鬼火』 : 監督千葉泰樹、1956年
  • 『お嬢さん登場』 : 監督山本嘉次郎、1956年 - 脚本兼任
  • 『好人物の夫婦』 : 監督千葉泰樹、1956年
  • 猫と庄造と二人のをんな』 : 監督豊田四郎、東京映画、1956年
  • 『若人の凱歌』 : 監督青柳信雄、1956年
  • 世にも面白い男の一生 桂春団治』 : 監督木村恵吾宝塚映画、1956年 - 企画
  • 『忘却の花びら』 : 監督杉江敏男、1957年
  • 雪国』 : 監督豊田四郎、1957年
  • 『忘却の花びら 完結篇』 : 監督杉江敏男、1957年
  • 『裸の町』 : 監督久松静児、東京映画、1957年
  • 『夕凪』 : 監督豊田四郎、宝塚映画、1957年

東京映画[編集]

  • 『グラマ島の誘惑』 : 監督川島雄三、1959年
  • 『愛妻記』 : 監督久松静児、1959年
  • 『男性飼育法』 : 監督豊田四郎、1959年
  • 『愛の鐘』 : 監督久松静児、1959年
  • 暗夜行路』 : 監督豊田四郎、1959年
  • 人も歩けば』 : 監督川島雄三、1960年
  • 『落語天国紳士録』 : 監督青柳信雄、東宝、1960年 - 脚本のみ
  • 珍品堂主人』 : 監督豊田四郎、1960年
  • 『噛みついた若旦那』 : 監督青柳信雄、1960年 - 脚本のみ
  • 『幽霊繁盛記』 : 監督佐伯幸三、1960年
  • 濹東綺譚』 : 監督豊田四郎、1960年
  • 『自由ヶ丘夫人』 : 監督佐伯幸三、1960年
  • 『赤坂の姉妹 夜の肌』 : 監督川島雄三、1960年
  • 『明日ある限り』 : 監督豊田四郎、1962年
  • 『はぐれ念仏 歓喜まんだら』 : 監督佐伯幸三、1962年
  • 娘と私』 : 監督堀川弘通、1962年
  • 『如何なる星の下に』 : 監督豊田四郎、1962年
  • 『青べか物語』 : 監督川島雄三、1962年
  • 喜劇 駅前温泉』 : 監督久松静児、1962年
  • 『新・狐と狸』 : 監督松林宗恵、宝塚映画、1962年
  • 喜劇 駅前飯店』 : 監督久松静児、1962年
  • 『憂愁平野』 : 監督豊田四郎、1963年
  • 『喜劇 とんかつ一代』 : 監督川島雄三、1963年
  • 白と黒』 : 監督堀川弘通、1963年
  • 台所太平記』 : 監督豊田四郎、1963年
  • 喜劇 駅前茶釜』 : 監督久松静児、1963年
  • 『みれん』 : 監督千葉泰樹、1963年
  • 『新・夫婦善哉』 : 監督豊田四郎、1963年
  • 喜劇 駅前医院』 : 監督佐伯幸三、1965年
  • 『波影』 : 監督豊田四郎、1965年
  • 『最後の審判』 : 監督堀川弘通、1965年
  • 喜劇 駅前金融』 : 監督佐伯幸三、1965年
  • 四谷怪談』 : 監督豊田四郎、1965年
  • 『花のお江戸の法界坊』 : 監督久松静児、1965年
  • 『大工太平記』 : 監督豊田四郎、1965年
  • 『六條ゆきやま紬』 : 監督松山善三、1965年
  • 喜劇 駅前大学』 : 監督佐伯幸三、1965年
  • 『あんま太平記』 : 監督佐伯幸三、1965年
  • 喜劇 駅前満貫』 : 監督佐伯幸三、1967年
  • 落語野郎 大爆笑』 : 監督杉江敏男、東宝、1967年 - 脚本のみ
  • 『千曲川絶唱』 : 監督豊田四郎、1967年
  • 喜劇 駅前学園』 : 監督井上和男、1967年
  • 『落語野郎 大泥棒』 : 監督松林宗恵、東宝 、1967年 - 脚本のみ
  • 喜劇 駅前探検』 : 監督井上和男、1967年
  • 喜劇 駅前百年』 : 監督豊田四郎、1967年
  • 『君に幸福を センチメンタル・ボーイ』 : 監督丸山誠治、1967年
  • 喜劇 駅前桟橋』 : 監督杉江敏男、1969年
  • 『ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを』 : 監督内川清一郎、1969年
  • 『津軽絶唱』 : 監督岡本愛彦、1969年
  • 『ボルネオ大将 赤道に賭ける』 : 監督沢島忠、1969年
  • 水戸黄門漫遊記』 : 監督千葉泰樹、東宝、1969年
  • 『喜劇 新宿広場』 : 監督山本邦彦、東宝、1969年 - 脚本兼任

芸苑社[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 佐藤一郎講談社『日本人名大辞典』、コトバンク、2009年10月13日閲覧。
  2. ^ いわゆる「ナベプロ」の渡辺プロダクションではない。
  3. ^ 役員一覧社団法人日本映画テレビプロデューサー協会、2009年10月13日閲覧。
  4. ^ 同協会は、1954年(昭和29年)10月にマキノ光雄が初代会長に就任して設立され、現在は社団法人日本映画テレビプロデューサー協会となっている。